ソーシャルレンディングについて何度か記事を書いておりますが、私の運用状況も掲載してみましょう。
やはり生々しい話の方が、多少なりとも参考になるかもしれませんからね。

ソーシャルレンディングへの投資は2016年5月から開始しましたので、1年経過したところです。

開始当初はmaneo、ガイアファンディング、クラウドバンク、LuckyBankの4社で運用を開始しました。

クラウドバンクはしばらく利用しましたが、利回りや操作性などで少々不満があったため、高利回りで有名だったみんなのクレジットを開設し資金を移動しました。

しかしご存知の通りみんなのクレジットは私が口座を開設して投資を開始した途端に行政処分を受け業務停止となってしまいます。

みんなのクレジットから投入資金が戻ってくるのは2018年12月!

また元金が無事戻るのかも分からない状態(たぶん戻ってこないような気がします…)。

仮に戻ってきたとしても新たにみんなのクレジットで引き続き新規の投資を行うかと言ったら、今のところは難しいと思います。

そこで新たな投資先として担保有かつ保証案件の多いLCレンディングとクラウドリースを追加しました。

さらにLuckyBankがクリック合戦となりやすい事と、案件の期間が長期化している事(24ヶ月など)もあり、こちらも一時撤退。

その代わりに一旦中止したクラウドバンクを再開し、さらにトラストレンディングの口座を開設しました。


全体の投資総額は約250万円。期待リターンとしては年5~7%程度(10万~14万円)を見込んでおります。

現在6社で運用していますので、1社あたり30~50万円、案件はそれぞれ3~4件といった所です。

原資は、おおよそ証券会社のMRFやネット銀行の定期預金からシフトした資金が多いです。

もちろんしばらく使用予定のない資金です。

いろいろなリスクはありますが、ネット銀行の定期預金金利は現在0.02%あたりですから、ほんの一部でもソーシャルレンディングで運用すればATM手数料代はあっという間に稼げちゃいますので、やはり使わない手は無いかと。

こんな感じでソーシャルレンディングは運用していますが、感覚としては数社の個別株式を購入して配当もらっているような感じですね。

個別株式は値上りというメリットはありますが、悪材料による値下がりや業績悪化による配当中止や倒産というデメリットもあります。

それに対してソーシャルレンディングは、値上り・値下がりはありませんが無事満期を迎えれば元金は戻ってきますし、日々の一喜一憂もありません。

デメリットは返済遅延やデフォルト(貸し倒れ)、SL業者の倒産といった可能性でしょう。

チャートも動かないし、ニュースがある訳でもない。

なので、一度申し込みをして貸付が実行されるとやる事は特にありません。

かなり【ヒマ】です。

分配金のお知らせメールが定期的に着信し、無事元金が返済された時、新たに投資手続きを取るぐらいなので、本当に楽チンです。

それに【金貸し業】のようで何だか格好良いのです。

まさに時代劇の【越後屋】のようで。

「金蔵にただ置いておいても1銭の得にもならん!金には働いてもらわねば!くっくっく!」みたいな。

まぁそれは半分冗談ですが、遊んでいても良い余裕資金は私にはありませんので、どんどん働いて稼いでもらわないとといった感じでソーシャルレンディングを使っています。

FXなどに比べると資産増加のペースはややおとなしいもので爆発的ではありませんが、なにしろ手間がかかりませんので資産ポートフォリオの一部に加えるにはお勧めの金融商品と思っております。

とは書きましたが、いつもの決めゼリフ。

【投資は自己責任ですよ~!】

もし始めるとしても、あくまでポートフォリオの【一部】でやりましょうね~!

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
Secret