年度も変わり、新たな気持ちで仕切り直すにはちょうど良い時期となっております。

長期投資でも、ホッタラカシではなく何らかの節目を利用して定期的に資産の状況をチェックしましょうね。

~*~

それにしても前回の記事でも書きましたが、ソーシャルレンディング【みんなのクレジット】はいろいろな意味で話題となりましたね。

ちょうど世間では旅行会社のてるみくらぶが破産やらなんやらで話題となってしまい、みんなのクレジットの方は余り騒がれませんでしたが。


それでも自分の資産がどうなるか分からない状況って、さすがに落ち着きませんでしたね。

株式投資では金曜日の夕方にとんでもないIRを出されて月曜日ストップ安決定までの悶々とした時間を味わったこともありますが、今回はそれとはまた違った感覚でした。

リスク商品に投資したという事で、ファンド単体の焦げ付きリスクや投資会社の倒産リスクなど覚悟はしておりますが、投資した瞬間にリスクにぶち当たったのはさすがに今回が最初でしたから。

数回でも分配されていれば少しは気も晴れる所ですが、それも一切ない状況です。

本当に投資した数日後のことでした。

それに最悪な結果も想定しなければいけない状況でしたし。

~*~

3月30日に関東財務局から処分の詳細が出ました。

内容はこちらです(関東財務局HPへ)

免許取り消しか?などとネットでは騒がれておりましたので、1カ月の営業停止というのは想定外でした。

もしかすると長期間で是正するのではなくサッサと是正しなさいという事かも知れません。


会社発表の資料やネットインタビューも見ておりますが、どうもソーシャルレンディングというカテゴリーは、いろいろな法律の寄せ集めの上で成立しているようです。

それぞれの法律を所管している省庁の解釈もそれぞれ異なってきますし、ましてや歴史の浅い金融商品ですから、問題に対する解釈も厳しくなるのかもしれません。


これからも【みんなのクレジット】以外の業者で、行政指導などが行われることもあるかもしれません。

最初から詐欺を目的とした行為は別ですが、法解釈のグレーゾーンのせめぎ合いですから必ず出てくる問題です。

その指導は投資家保護などが目的とされるでしょうが、すでに投資している投資家からすれば今回のように倒産リスクを高める事にも繋がります。

引き続きソーシャルレンディングを続けるなら、少なくともこのリスクに備える必要があるでしょう。

 ①投資資産の中で占める割合を見直す。
 ②複数の業者を利用し分散を行う。
 ③1業者内でのファンドも分散する。

私はこれらを最低限行い、もうしばらくソーシャルレンディングへ投資は続けようと思っております。

もちろん【みんなのクレジット】自体は一旦ガタガタになってしまった信用を取り戻すのは生半可な事ではないでしょうが、まずは体制の立て直しを図ってもらいたいと思います。

~*~

私の投資したファンド初回分配は4月28日。

果たして分配金は頂けるのでしょうか?

3月の分配は無事支払われそうなので、ちょっと期待しちゃってもいいのかな?

それともやはり残念賞?

もはや戻ってこない資金と覚悟はしたのですが、ちょっとでも希望の光が見えると、欲が出ちゃいますね。


ちなみにハピタス経由で口座開設したので、こちらも心配したのですが無事10000ポイント付いておりました。

ささやかですが、これだけでも御の字ですね。

さらに問題扱いとなっていたキャッシュバックキャンペーンも入金されました。

この調子で頑張ってくれないかなぁ。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
Secret