2017年も後半戦がスタートしましたが、ソーシャルレンディングの方は基本的には順調に運用しております。

近況はこんな感じ。

①みんなのクレジットその後の状況

行政処分を受けた【みんなのクレジット】は、かろうじて今のところは償還と分配を行っておりますが、「担保有」という表示だったファンドも担保保全率20%もない状態という事が会社発表で分かり、これは来年末の償還まで会社が存続するかどうか厳しそうという感想です。

元々の親会社である【甲グループの代表印、契約関係、資産を管理し、資金の入出金管理を実行】まで行われている状態だそうで、ある意味恥ずかしい状態ですよね。

こんな状況ですから償還はとても厳しそうですが、せめて分配金だけでもラストまで頂きたいものです。


②Trust Lendingへの投資開始とその後

5月にLuckyBankから資金移動し運用をスタートさせたTrust Lendingですが、7月に入り最初の分配が行われました。

預託金制度ではないため振り込まれた銀行口座を確認したところ、201,326円いう金額となっており、一瞬「?」となりました。分配金しては多い!

そこで報告書を見た所【償還、分配】となっておりました。

つまるところ運用開始1カ月で早期償還となった訳です。

ソーシャルレンディングでは【早期償還】がある事は知っておりましたが、予定15ヶ月の運用で募集をかけている案件が、まさか【1か月】で償還されるとはさすがにビックリ!

そりゃないぜセニョリータってヤツです。

償還後新たに申込みたいファンドが無かったり、ファンド成立までの募集期間中は配当計算対象外ですから、あまりに早期償還されてしまうと運用効率が下がってしまいます。

さらにTrust Lendingは預託金制度を取っていないため、償還金、分配金は支払われるたびに投資家の銀行口座に直接振り込まれてしまいます。

私が利用しているSBI銀行はある回数まで他行振込みは無料ですが、一定回数を越えると振込手数料を徴収されてしまいます。

度々早期償還されてしまうと振込回数も増えコストもかかるので投資効率が下がる恐れがあります。

現在Trust Lendingでもう1本のファンドを運用しております。

来月以降の状況も見つつとはなりますが、何となく使い勝手が悪いところもありTrust Lendingからの撤退も考えております。


ちなみに早期償還された20万円については、結局LuckyBankに戻してしまいました(10万円を追加して30万円でリスタート)。

LuckyBankですが、最近の状況を見ると申し込み開始後の秒殺という事も少なくなってきたようですし(とはいえ数分で完売)、投資期間も程よいレベルとなってきたこともありまして。

とはいえ先日久しぶりに申し込みを行ったファンドは募集開始から終了まで3分6秒。

私も1分チョイで無事申込み完了しましたが、ネットが繋がりにくくなりヒヤヒヤしました。

これだけヒヤヒヤしながらも頑張って申し込んだファンドですから、やはり早期償還ではなくキチンと期間満了まで行ってほしいと思いますよね。

~*~

実際に利用して見ないと分からない事もあるので仕方ありませんが、Trust Lendingは私の好みに合っていなかったような感じです。

ソーシャルレンディングの業者は、現在多数存在しております。

投資対象や利回り、期間など業者ごとに個性満載です。

それだけにブログなどネット上の評判だけでは、分からない部分も多いなぁと実感もしております。

口座開設して、まずは少額で試してから本格的に資金を投入する事も大事なのかもしれませんね。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
2017年も半分終わってしまいましたが、確定拠出年金の終わりはまだまだ先のこと。

変わらずコツコツと積み立てて参りましょう。


それにしても確定拠出年金については毎月々の状況をブログに掲載しておりますが、その反面ブログにするネタがありません。

基本的には一度積立ての内容を決めてしまえば、それほどイジル必要はないからです。

たまにリバランスをするぐらいです。


じゃぁ積立て終了の時を迎えるまで、何もしないでよいものでしょうか?

保有資産に余裕があれば、余計な事をしない方が良いと思います!


ここからは、私のように未来が暗黒に包まれているような方が対象です。


iDeCoで毎月20,000円を約20年間積み立てると480万円の原資となります。
(もちろん運用次第で、増えもしますし減りもします)

よくある複利計算のHPで計算してみましたが、仮に3%で運用できたとして480万円は20年で655万円となり、5%で814万円になるそうです。

頑張って5%で運用しても倍にはならないという事なんですよね。


もちろんネット定期預金に入れておくより増える可能性はありますし、非課税という点だけでもお得な訳ですからiDeCoは絶対にやるべきですが。


ただ480万~800万なんて金額は、老後資金と考えれば大したことない金額ですよね。

私はしがない派遣社員なので退職金はありませんので、ドカンとまとまった金額が老後、手に入る事はありません。


そうなると必要なのは、この500万程度の資金をいかにして減らさずに且つ増やしていくことが出来るかがポイントになってくると思いました。

積み立てた資金が手元に戻ってきた時に、その資金にしっかり働いてもらえるよう準備をしておくべきだと思います。


仮に500万円だったとして月5万円取り崩したら、100ヶ月で終了です。9年持ちません。

500万円を12%で運用できると利益は60万円です。元金は減りません。


とまぁ極論を並べてしまいましたが、年金支給はどんどん遅くなる、身体は弱くなるなど考えると、お金に働いてもらうしかないと思う訳です。


10%以上の運用成績なんて結構大変じゃないの、どうすればよいの?となりますが、それを今のうちに調べ、勉強し、練習してその時に備えなければいけない訳です。

もしFXのようなレバレッジ商品で運用できるようになれば、レバレッジ3倍として運用すれば4%の目標で12%運用と同じことになる訳です。

レバレッジ商品はもちろんリスクも高くなり怖い所もありますが、FXでレバレッジ3倍はローリスクなレベルと一般に言われています。

そんな運用が出来るようになっていればiDeCoでコツコツためた資産をより生かすことが出来るかもしれない訳です。


もちろんあくまでもこれは一例。

現在は資産運用の方法が多数揃っていますし、リスクやリターンも様々なものがあります。

自分の性格や生活スタイルにあった資産運用を今のうちから探しつつ、その運用スキルも磨いておく。

いざお金に働いてもらう時にスキルが無いとどうしようもありませんから、今のうちにいろいろな資産運用スキルを身に着けておきたいものですね。


こんなことも今からできる老後準備なのかもしれませんね。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年6月30日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:7,932円

(2) DCニッセイJ-REITインデックスファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:20,933円 損益:△749円 損益率:△3.5%

(3) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:99,505円 損益:11,505円 損益率:13.1%

(4) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:264,173円 損益:19,622円 損益率:8.0%

(5) 三井住友・DC外国債券インデックスファンド
 積立比率:15%(3,000円)
 資産残高:34,019円 損益:1,496円 損益率:4.6%

(6) ひふみ年金
 積立比率:15%(3,000円)
 資産残高:130,546円 損益:22,251円 損益率:20.5%

≪積立休止ファンド≫

(1) EXE-iグローバルREITファンド
 資産残高:93,845円 損益:5,095円 損益率:5.7%

(2) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:10%
 資産残高:81,285円


総資産残高: 732,238円
損益合計 : 52,238円(7.7%)
拠出額合計: 680,000円(34か月)

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村