11月も終わりになろうとしておりますが、皆さま今年の運用状況は如何でしょうか?

私の状況ですが、FXの方はイギリス国民投票ショックのおかげで大きな損失を出してしまっておりますが、その他の資産運用については大きな損失を出すこともなく、淡々と積立てなり配当を得ながら頑張ってくれております。

まぁ負け惜しみとなってしまうかもしれませんが、すべての資産を一つに投入しなくてよかったなといった所でしょうか?

とはいえ新規の投資資金として大きなエンジン部分と想定しているFXがこんな状況ですから、来年の投資資金はちょっと苦しい台所事情になるかもしれませんね。
ただ苦しい時でもコツコツと積立てを行うことこそ、最後に笑えると信じておりますので、なんとか捻出したいと思います。


そんな近況ですが、今年5月から開始しておりますソーシャルレンディングの状況もちょっとお伝えしておきましょう。

4月から5月に申し込みを行ったので、実際に配当が支払われ始めたのが6月からとなりました。

利用している業者は以下の4社で、当初資金は以下の通りです。
まずは業者の倒産リスクを分散しております。

①maneo:300,000円
②クラウドバンク:300,000円
③ガイア:200,000円
④LuckyBank:300,000円
合計:1,100,000円

またそれぞれの業者において、ファンドも3~5個に分散してあります。

maneoでは5万円ぐらいで6ファンドに分散しましたが、最低投資金額が8万円とか結構あるため投資出来ない事もありました。
繰り上げ償還となるケースが多いので、今後は1ファンド10万円程度にまとめていこうと考えております。

実際の5カ月で得られた分配金は次のような感じです。

①maneo:9,521円
②クラウドバンク:7,831円
③ガイア:5,311円
④LuckyBank:13,043円

合計:35,706円(税引き後)

参考までにこのペースで分配を続けた場合、年間分配金は85,000円程度となりますので年利6.8%の配当実績になるのかなぁと思いますが、やはりファンドの回収不能リスクや倒産リスクを考えるとこの位の利回りがないとチャレンジする気はしないかもしれません。

現在10~12ファンドへ出資していますが、1つ回収不能が出たら黄色信号として新規出資を中断、2つ目の回収不能が出たら資金の引き揚げを行うような感じでお付き合いしていこうかなと考えております。

もちろんこの5か月の間で回収不能はありませんし、返済遅延も発生していません。

為替リスクも考えないで良いですし、満期まで問題が出なければ元本部分もそのまま戻ってくるので、為替や株式と違ったメリットは持っている気がします。
投資信託の特別分配みたいな元本取り崩しもありませんし。

最初に書きましたが、投資資金をすべてソーシャルレンディングへぶち込む気はしませんが、定期預金の一部を運用するなら考えても良いかなぁと思いました。

金利が高めと言われたネット銀行でさえ、1年物定期預金の金利は0.02%。
安全性を多少犠牲にしても一部リスクを取る事で運用成績が上がる訳です。

★運用資金:100万円
 定期預金(0.02%):利息200円(税引き後:160円)
 ソーシャルレンディング(5%):50,000円(税引き後:40,000円)

その差なんと250倍です!
5%の案件はmaneoでは担保や保証もある結構固目な案件ですから、リスクも控えめ。

まぁ比べ方があまりにも露骨ですが、仮にSLへの出資が1万円だとしてもまだ400円の分配金ですから、投資に慣れるといった点でもトライしてみる価値は十分あるのかなと思いました。
(ただし確定申告など厄介な事も必要ですが…。勉強と思って!)

もちろん定期預金は元本保証の商品です。安全性については最強クラスと言えます。

逆にSLは自分の出資した資金がどの企業に使われているのか分からないというブラックボックス的な面もあります。

SL業者を信用するしかない辺りは、かなり不安な一面かもしれません。

でも私のように給料のアップは望めず、いつ首を切られるか分からない身分では、増やせるうちに増やして増やし癖を付けておかないといけないと思います。

いろいろな手段・手法をドンドン試して、金の卵を数多く用意する。

非常事態の際、金の卵を上手く活用して手持ち資産をいかに切り崩さないで対応できるかが、生き方のゆとりと選択肢を慌てて手放さずに済むカギだと思いますので、不安な方こそチャレンジできるときにチャレンジしましょうね。
今年のビックイベントでありましたアメリカ大統領選挙も終わってしまいました。
イギリス国民投票と並ぶビックイベントでしたが、どちらも結果はサプライズ。

それぞれ大きく相場も反応しました。

株も為替もジェットコースターのような反応でしたが、終わってみれば元に戻り、さらに株高円安も進む結果となりました。

長期で運用を考えているトレーダーにとって年1~2回発生するビックイベントはチャンスととらえた方が良いと思いますし、必要以上に恐れる事もないと思います。

株式ならとんでもない値段を指値しておくこともできますが、投資信託は瞬間的な値動きには対応しきれませんからね。

恐れるようなポートフォリオなら、とても長期運用には耐えられるものではないのかと思います。

10年~30年という長さでの運用を考えているようでしたら、一時的な人気カテゴリには余り投資資金をつぎ込まないようにしたいものです。

そうなると少なくとも株式については個別銘柄のウェイトは少なくするべきでしょう。

ただし全くなしというのも、投資に対するスパイスが減ってしまい、続ける意欲も減ってしまいますので、比重に注意しながらも惚れた銘柄を少々保有する事もありだと思います。

ただしせっかくコア資産でコツコツ増やしても、その儲けをひっくり返されても困りますので、その点はよくよく注意しましょう。

個別銘柄に対しては、しっかりと損切りシナリオを考えて取り組むようにしたいものです。

会社と心中するなんて本末転倒ですからね。


自分が取り組んでいる【投資】は【ギャンブル】ではないと言い切れるように頑張ろうと思っております。

ちなみに余談ですが、今年12月4日のイタリア国民投票もピリリとスパイスになりそうなイベントかもしれません。

頭の片隅に入れておきたいイベントですね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【積み立て状況】(11月1日現在)

≪積立中ファンド≫
(1) SBI TOPIX100・インデックスファンド /積立比率:10%
資産残高:80,311円 損益:603円 損益率:0.8%

(2) 三菱UFJ 国内債券インデックスファンド゙(DC向け)/積立比率:10%
資産残高:52,671円 損益:△327円 損益率:△0.6%

(3) DCニッセイJ-REITインデックスファンド/積立比率:10%
資産残高:5,762円 損益:△88円 損益率:△1.5%

(4) DCニッセイ外国株式インデックス/積立比率:25%
資産残高:14,788円 損益:139円 損益率:0.9%

(5) 三井住友・DC外国債券インデックスファンド/積立比率:15%
資産残高:8,761円 損益:△17円 損益率:△0.2%

(6) EXE-i新興国株式ファンド /積立比率:10%
資産残高:70,987円 損益:△1,180円 損益率:△1.6%

(7) EXE-iグローバルREITファンド /積立比率:10%
資産残高:80,975円 損益:△5,823円 損益率:△6.7%

(8) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:10%
資産残高:5,850円 損益:0円 損益率:0%


≪積立休止ファンド≫

(1) EXE-i先進国株式ファンド
資産残高:164,877円 損益:△13,322円 損益率:△7.5%


総資産残高: 484,982円
損益合計:  △20,015円
手数料込損益:△35,018円
拠出額合計: 520,000円(26か月)

日本株ファンドをひふみ年金にチェンジしようと思っておりますが、体調不良が続いたこともありモチベーションが盛り上がらず変更しておりません。

投資には健康な体も必要という事を思い知らされました。

健康管理には十分気を付けましょうね。