皆さま、ついに6月を迎えてしまいましたね。

今年も早半分が終わろうとしております。

焦る気持ちもあるかと思われますが、まずは今年前半のトレードについて振り返ってみるのも良いかもしれません。


さて、今回の記事は投資雑感。長い割にはあまり中身が無いような。
おヒマな時にでもご覧ください。

~*~

現在FXをメインにトレードしている私ですが、株式投資も細々とですが行っております。

銘柄はほぼ東証1部なので、それほど派手な動きはしません。

それでも悪材料など出てしまうと、マイナストレンドに入ってしまいますから、よほどの業績回復や増配、分割など投資家が喜ぶことが起きない限り、塩漬けになってしまう訳です。

不祥事やトップ交代による理念の変更、買収などで「?」と感じたら、一旦関係を断つのもありなのかもしれませんが、これまでず~っと出来ていませんでした。

トレードスタイルも滅茶苦茶でした。

短期なのか、スイングなのか、配当目的なのか?

一番、悪い投資スタイルであるこんなこともしばしば。

・短期トレードでガンガン稼ぐぜ!
・調子よく上がるから、もっと値幅取ってやるぜ!
・まだまだ上がる、ヤッホ~!
・あ?下がりだした。まだ大丈夫だろう。
・やばい!利益5%になったら脱出だ!
・5%になっちゃったけど、これだけ下げたからそろそろ上がるのでは?
・買値になっちゃった。
・あれあれ、マイナス5%だ。損切り!!できない!
・見事な塩漬けに。配当あるし大丈夫。
・え~、更に配当無し~?


と、まぁこんな感じで利益の確定も損失の確定も、全然できませんでした。

レバレッジをかけた信用取引はせず、現物取引だけだったので生き残っておりますが、やはり今思えば何ともまずいトレーダーでしたね。

別に配当狙いや優待狙いが間違っているという訳ではないんです。


よく株式投資は「惚れた会社に投資せよ」と言われますが、実際には事業内容より配当実績や株主優待などに目が行ってしまう事が多いですよね。

企業に対して盲信するのも投資成績が伸びなくなる理由かもしれません。

なにが言いたいかですが、株でもFXでも当初考えていたトレードスタイルを途中変更してはいけないという事なんです。
(変えたとしても更に有利になる方ならOK)


現在、株式でも私はとても素敵な取得単価で塩漬けにしている銘柄がゴロゴロしていますし、FXでも別の通貨じゃないの?というぐらいの塩漬けポジションを持っています。

どちらも資金管理さえ間違わなければ退場になる事はないのですが、あくまでも【退場しない】だけなんですよね。

有限かつ貴重な投資資金が拘束されてしまい、かつ微々たる配当とスワップを生み出しますが、それだけなんです。


FXでは、昨年末から年初にかけてかなりの塩漬けポジションを整理しました。

おかげでその後の急激な円高にも耐えられる結果となり、本当にホッとしました。


実はまだまだ塩漬けポジは残っているのですが、これはまた来年に持ち越そうかあと思っております。

せめて税金対策としてのメリットぐらいはこれらのポジションに頑張ってもらおうかと考えた訳です。

というか、全部損切りを行ってしまうと、とてもその損失枠を使い切れないほどの額なんですよねぇ。


といういい加減なトレーダーを反面教師として戴いて、中身のない塩漬けポジションを作らないためにも、最初に決めたトレード戦略はきっちり守りましょうね。

私もまだまだ損切りが完全に出来るとは言えないのですが、少しずつ損切りの感覚を掴んできた気もしております。



ここで現在のMy極意をご紹介。

【My損切り極意①】
今の自分のトレードで取り返せる範囲で損切りしましょう!


【My損切り極意②】
トレードはこれで終わりじゃない!チャンスはこれからも生まれるぞ!


値幅が何Pipsとかではなく、精神論ですね。

だって損切りするのは機械ではなく人間ですから、精神的に納得させないと切る物も切れないと思うのです。

でもこの二つのMy極意で、結構損切りが楽になりました。

一つ目の極意は、裏を返せば自分のトレードの利確幅も掌握していないといけませんし、二つ目の極意では失敗ポジションへの執着があまりなくなります。

まぁ極意というと何とも恥ずかしいですが、効果は結構ありますよ。

FXでの裁量トレードでも、少しずつ塩漬けポジを作ることが減ってきましたので、いずれは株式トレードにも応用できればと考えております。

~*~

長期にわたる投資期間を生きる訳ですから、今すぐでなくともトレードスタンスを確立できるよう意識をして、トレードしていきましょうね。

今回書いた内容は、株やFXだけでなく投資信託などでも同じと考えられます。

相場に絶対はありませんから、当たり前のように得もすれば損もします。

重要なのは、その比率をコントロールする事じゃないでしょうか。

得しやすい所でトレードして、損しやすい所ではトレードしない。

当たり前?

いやいや、結構難しいものですよ~。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
いつの間にかゴールデンウィークですが、やっとこさ確定申告に基づく税金徴収のお知らせがありました。

申告通り課税されておりましたので、とりあえずホッとしております。

今年はいろいろとFXなどの塩漬けポジションを決済したこともあり納税側にはなれそうにありませんが、はやく向こう側に戻りたいと思います。


いつもの申告の他に今回は外国税額控除にもチャレンジしてみました。

いわゆる「配当に対して二重に課税されているのを取り戻す!」というやつです。

使っているマネックス証券の帳票出力が的を射ておらず、何とも使い勝手が悪かったです。

質問と同時に、苦情もヘルプデスクに伝えました。


それでもめげずに何とか申告できたので良かったです。

落ち着いてやらないと無理ですね~。

来年には、また忘れていそう・・・。

~*~

さてこちら月刊ブログとなっておりますが、アメリカ株式についての記事はなんと昨年10月の記事を最後に更新していませんでした。

このままでは季刊どころか半年に一回のペースになりそうです。


やはり配当狙いとなると、ほとんど売買もありませんしネタにしても面白くないので、足が遠のいてしまうようです。

買い増ししようにも、調整中(またはアベノミクス失敗による株安転換)の日経と違ってイケイケな状態なので、まるで買い増しするスキを与えてくれません。

円高になってきたという事はドルが安く買える訳なので、少しずつマネックス証券でドルを買っておこうかなぁとも考えております。


為替リスクを取らなければいけないアメリカ株式投資ですが、それでも日本株式のみのポートフォリオに比べ、大きなリスク分散が出来ていると思っています。

基本的にインデックスETFを使って更にリスク分散をしていますので、個別銘柄のハプニングにも耐性があります。


何より個別銘柄の分析をする必要がないのが、のんびり投資家にとっては最大のメリットなんでしょうね。


ただし、何となく格好良いからといって買ってしまったアップルが、業績発表でやらかしてしまい大きく値を下げてしまいました。

巨額の現金資産やアップルペイなどの新たなサービスなど、まだまだ魅力のある企業だし、iPhoneユーザーなので手放したくないところですが、あまりに元気がなくなってきたらきちんとしないといけませんね。

~*~

米国株式からの配当金です。
相変わらずコツコツとおこずかいを戴いております。


【H27年11月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.161$) $3.48
(2) AAPL/apple(アップル)(8株:@0.52$) $3.00

【H27年12月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.161$) $3.48

【H28年1月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.317$) $6.86
(2) HDV/iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(10株:@0.715) $5.15
(3) MO/アルトリア・グループ(20株:@0.565$) $8.13

【H28年2月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.174$) $3.78
(2) AAPL/apple(アップル)(8株:@0.52$) $3.01

【H28年3月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.196$) $4.27

【H28年4月分の配当】
(1) PFF/iシェアーズ 米国優先株式ETF(30株:@0.192$) $4.15
(2) HDV/iシェアーズ・コア米国高配当株ETF(10株:@0.676) $4.86
(3) MO/アルトリア・グループ(20株:@0.565$) $8.13

期間合計:$58.30


~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村