またまた1カ月更新なしの広告表示が迫ってきました。


相場の方も何となく世界的に不穏な空気が漂っていますね。

ちょっと前には日経平均も2万円前後をウロウロしていましたから、そこから考えれば今の16,000円台はバーゲン価格なはず。

でもなかなかエイ!っと買えないのは、不穏な空気が原因なんでしょう。


「アベノミクス減速!」など新聞の見出しが増えてきていますが、そろそろ選挙も見据えて手を打ってくる可能性も無きにしも非ずです。

それでもわざわざ落ちるナイフを掴む必要はありませんので、しっかり底を確認してからでも遅くはありません。

頭としっぽはくれてやって、おいしい身の部分だけ戴きましょうね。


そんな状態なので、くりっく株365はポジションも取引もない状態が続いておりますが、一度くりっく株の方は撤退、もしくは休止する事にしました。

くりっく株365は、今年6月27日からNYダウについても取り扱いを始めるそうです。

商品自体に魅力も増してきましたが、最近くりっく株の投資単位が自分のレベルではちょっと大きいなぁと感じておりまして。


日経225もこれから開始されるNYダウも基になる取引単位が【指数×100円】なんです。

日経16000円なら一枚取引すると、1,600,000円分となる訳です。

証拠金1,000,000円ならレバレッジ1.6倍。

レバレッジ3倍だと2枚ぐらいしか運用できません。

それ程ハイレバレッジにする気はないので、意外と証拠金が縛られてしまいます。

せっかくのレバレッジですからもっと有効に使った方が良いのですが、くりっく株365は正直あまり各種取引ツールの使い勝手が良くないんですよね。


少なくともFXに比べると操作性など良くありません。


するとマメに取引しなくなってくる訳です。

大き目のスイングトレードになってしまい、大きな含み損を抱えるリスクも高まります。

ただでさえFXの方でレバレッジを使った取引をしているので、こちらは撤退しても良いかも、と思った訳です。


それじゃあFXに資金を集中させるの?となりますが、これも一定のレベルで打ち止めになると思います。


あくまでもFXでは必要な利益が取れるレベルで押さえ、ミドルリスクミドルリターンを目指したい。

もちろんまだまだそのレベルではないので、絵に描いた餅なんですけどね。


レバレッジを使用して効率よくFXで投資資金を生み出し、口座から引き出した資金をその他の資産で運用する。

さらにはその資産から生まれる配当などで、生活を守って更に潤す。


そこまで構築できると、違った意味での「専業投資家」になれるのかなぁと思っております。

なので、どうしても必要なのはFXのスキル向上にかかってくる訳ですね。


その肝心なFXですが、どうも最近調子がよくありません。


そこでしばらくはFXに時間を集中しようかと考えた訳です。

まぁこの間もDCの方はコツコツと勝手に積み立てを続けておりますし、アメリカ株式も配当が出続けております。


それに新しい投資カテゴリーにも、参入しようと企んでおります。

こちらについては、しばらく運用してから紹介するメリットがありそうなら記事にしようかと思っております。


【のんびりコツコツ】と【しっかりガツガツ】をうまく使い分けて、運用スキルを上げて理想を目指しちゃいますよ!


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

【積み立て状況】(3月31日現在)

(1) EXE-i先進国株式ファンド /積立比率:40%
資産残高:140,046円 損益:△6,925円 損益率:△4.7%

(2) SBI TOPIX100・インデックスファンド /積立比率:10%
資産残高:62,840円 損益:△3,218円 損益率:△4.9%

(3) EXE-iグローバルREITファンド /積立比率:20%
資産残高:64,962円 損益:△382円 損益率:△0.6%

(4) EXE-i新興国株式ファンド /積立比率:20%
資産残高:46,650円 損益:△4,063円 損益率:△8.0%

(5) 野村日本債券ファンド(DC向け) /積立比率:10%
資産残高:39,222円 損益:1,754円 損益率:4.7%

総資産残高: 353,720円
損益合計:   △12,834円
手数料込損益:△26,280円
拠出額合計: 380,000円(19か月)