2017年も後半戦がスタートしましたが、ソーシャルレンディングの方は基本的には順調に運用しております。

近況はこんな感じ。

①みんなのクレジットその後の状況

行政処分を受けた【みんなのクレジット】は、かろうじて今のところは償還と分配を行っておりますが、「担保有」という表示だったファンドも担保保全率20%もない状態という事が会社発表で分かり、これは来年末の償還まで会社が存続するかどうか厳しそうという感想です。

元々の親会社である【甲グループの代表印、契約関係、資産を管理し、資金の入出金管理を実行】まで行われている状態だそうで、ある意味恥ずかしい状態ですよね。

こんな状況ですから償還はとても厳しそうですが、せめて分配金だけでもラストまで頂きたいものです。


②Trust Lendingへの投資開始とその後

5月にLuckyBankから資金移動し運用をスタートさせたTrust Lendingですが、7月に入り最初の分配が行われました。

預託金制度ではないため振り込まれた銀行口座を確認したところ、201,326円いう金額となっており、一瞬「?」となりました。分配金しては多い!

そこで報告書を見た所【償還、分配】となっておりました。

つまるところ運用開始1カ月で早期償還となった訳です。

ソーシャルレンディングでは【早期償還】がある事は知っておりましたが、予定15ヶ月の運用で募集をかけている案件が、まさか【1か月】で償還されるとはさすがにビックリ!

そりゃないぜセニョリータってヤツです。

償還後新たに申込みたいファンドが無かったり、ファンド成立までの募集期間中は配当計算対象外ですから、あまりに早期償還されてしまうと運用効率が下がってしまいます。

さらにTrust Lendingは預託金制度を取っていないため、償還金、分配金は支払われるたびに投資家の銀行口座に直接振り込まれてしまいます。

私が利用しているSBI銀行はある回数まで他行振込みは無料ですが、一定回数を越えると振込手数料を徴収されてしまいます。

度々早期償還されてしまうと振込回数も増えコストもかかるので投資効率が下がる恐れがあります。

現在Trust Lendingでもう1本のファンドを運用しております。

来月以降の状況も見つつとはなりますが、何となく使い勝手が悪いところもありTrust Lendingからの撤退も考えております。


ちなみに早期償還された20万円については、結局LuckyBankに戻してしまいました(10万円を追加して30万円でリスタート)。

LuckyBankですが、最近の状況を見ると申し込み開始後の秒殺という事も少なくなってきたようですし(とはいえ数分で完売)、投資期間も程よいレベルとなってきたこともありまして。

とはいえ先日久しぶりに申し込みを行ったファンドは募集開始から終了まで3分6秒。

私も1分チョイで無事申込み完了しましたが、ネットが繋がりにくくなりヒヤヒヤしました。

これだけヒヤヒヤしながらも頑張って申し込んだファンドですから、やはり早期償還ではなくキチンと期間満了まで行ってほしいと思いますよね。

~*~

実際に利用して見ないと分からない事もあるので仕方ありませんが、Trust Lendingは私の好みに合っていなかったような感じです。

ソーシャルレンディングの業者は、現在多数存在しております。

投資対象や利回り、期間など業者ごとに個性満載です。

それだけにブログなどネット上の評判だけでは、分からない部分も多いなぁと実感もしております。

口座開設して、まずは少額で試してから本格的に資金を投入する事も大事なのかもしれませんね。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
ソーシャルレンディングについて何度か記事を書いておりますが、私の運用状況も掲載してみましょう。
やはり生々しい話の方が、多少なりとも参考になるかもしれませんからね。

ソーシャルレンディングへの投資は2016年5月から開始しましたので、1年経過したところです。

開始当初はmaneo、ガイアファンディング、クラウドバンク、LuckyBankの4社で運用を開始しました。

クラウドバンクはしばらく利用しましたが、利回りや操作性などで少々不満があったため、高利回りで有名だったみんなのクレジットを開設し資金を移動しました。

しかしご存知の通りみんなのクレジットは私が口座を開設して投資を開始した途端に行政処分を受け業務停止となってしまいます。

みんなのクレジットから投入資金が戻ってくるのは2018年12月!

また元金が無事戻るのかも分からない状態(たぶん戻ってこないような気がします…)。

仮に戻ってきたとしても新たにみんなのクレジットで引き続き新規の投資を行うかと言ったら、今のところは難しいと思います。

そこで新たな投資先として担保有かつ保証案件の多いLCレンディングとクラウドリースを追加しました。

さらにLuckyBankがクリック合戦となりやすい事と、案件の期間が長期化している事(24ヶ月など)もあり、こちらも一時撤退。

その代わりに一旦中止したクラウドバンクを再開し、さらにトラストレンディングの口座を開設しました。


全体の投資総額は約250万円。期待リターンとしては年5~7%程度(10万~14万円)を見込んでおります。

現在6社で運用していますので、1社あたり30~50万円、案件はそれぞれ3~4件といった所です。

原資は、おおよそ証券会社のMRFやネット銀行の定期預金からシフトした資金が多いです。

もちろんしばらく使用予定のない資金です。

いろいろなリスクはありますが、ネット銀行の定期預金金利は現在0.02%あたりですから、ほんの一部でもソーシャルレンディングで運用すればATM手数料代はあっという間に稼げちゃいますので、やはり使わない手は無いかと。

こんな感じでソーシャルレンディングは運用していますが、感覚としては数社の個別株式を購入して配当もらっているような感じですね。

個別株式は値上りというメリットはありますが、悪材料による値下がりや業績悪化による配当中止や倒産というデメリットもあります。

それに対してソーシャルレンディングは、値上り・値下がりはありませんが無事満期を迎えれば元金は戻ってきますし、日々の一喜一憂もありません。

デメリットは返済遅延やデフォルト(貸し倒れ)、SL業者の倒産といった可能性でしょう。

チャートも動かないし、ニュースがある訳でもない。

なので、一度申し込みをして貸付が実行されるとやる事は特にありません。

かなり【ヒマ】です。

分配金のお知らせメールが定期的に着信し、無事元金が返済された時、新たに投資手続きを取るぐらいなので、本当に楽チンです。

それに【金貸し業】のようで何だか格好良いのです。

まさに時代劇の【越後屋】のようで。

「金蔵にただ置いておいても1銭の得にもならん!金には働いてもらわねば!くっくっく!」みたいな。

まぁそれは半分冗談ですが、遊んでいても良い余裕資金は私にはありませんので、どんどん働いて稼いでもらわないとといった感じでソーシャルレンディングを使っています。

FXなどに比べると資産増加のペースはややおとなしいもので爆発的ではありませんが、なにしろ手間がかかりませんので資産ポートフォリオの一部に加えるにはお勧めの金融商品と思っております。

とは書きましたが、いつもの決めゼリフ。

【投資は自己責任ですよ~!】

もし始めるとしても、あくまでポートフォリオの【一部】でやりましょうね~!

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
私の資産ポートフォリオの中で徐々に大きな存在となってきているソーシャルレンディングですが、3月にまさかの行政処分を【みんなのクレジット】が食らってしまい、本当に驚きました。

いろいろな憶測がありましたが、1カ月の業務停止期間は4月30日に終了しました。

また4月に予定されていた大規模案件の償還と運用中案件の分配は無事に行われたようで、私の口座にも分配金が入っておりました。

ただ会社HPにも記載されていますが、内部体制の再構築が完了するまでは新規募集などは行わないとの事。
いつとは書かれていない点が顧客を不安にさせますが、待つしかなさそうです。

また代表者も代わったようです。
個人的には[内部体制の再構築]とやらが終わって、今回の一件に対する禊ぎを済ませた所で責任を取って辞めるべきだと思うのですが…。
印象悪くなっちゃいますよね。

こんな状態が来年の12月まで続くのかと思うと心も落ち着きませんが、それ以上に果たして事業自体が無事継続されるのかどうかも分かりませんので、半分忘れ半分捨てたものとしながら分配を待った方が良さそうですね。

~*~

みんなのクレジットでいろいろと騒がれましたが、商品としては魅力が高いためソーシャルレンディング自体は引き続き試行錯誤しながらも上手く利用したいと思っております。

「みんクレ」の一件では「詐欺」だとか「こんな高利回りには裏があるだろ、気付けよアホ」などと散々でしたが、それを理解した上で利用を続けます。

定期預金に比べればとんでもないハイリスクですが、比較的高金利のネット銀行円定期0.02%(SBI住信銀行)という金利状況を考えれば、ソーシャルレンディングでは低金利である5%でも破格の利回りですよね。

ネット定期で200万円を1年運用しても400円(税金考慮せず)、ソーシャルレンディングならなんと10万円!

貸付期間が満了し貸し倒れも起きなければ元本は戻ってきますし、毎月分配ながら投資信託のように気が付けば元本を取り崩していたという特別分配もありません。

自分の余裕資金を他人に貸し利息を対価としてもらう。
それも個人的には難しい企業活動などに対して貸付を行えるわけです。

お金の貸し借りを行う訳ですから、貸し倒れも勿論発生する可能性があります。

ソーシャルレンディングでなくとも、お金を貸せば貸し倒れというリスクは必ず発生するものです。

ただしソーシャルレンディングの弱点は、貸付先の情報がほとんどもらえない事。
借金側が保護されます。

それゆえ一番重要なのは、案件を集めて貸付を準備するSL業者の力量にかかってきます。
これもなかなか情報が少なく判断するのが難しいので、あの手この手でリスクを分散するしかないのです。

株式投資でも、FXでも、投資信託でも、それぞれリスクはあります。

なのでリスクに遭遇してしまった時に、なんとか復活できる算段を立てておく事が何より重要であると思います。

その点が確保されていれば、あとは管理できる範囲で資産運用の手段を広げるべきだと私は考えます。

いろいろ考え方はあると思いますが、やはり一極集中投資より分散投資の方がリスクは下がりますし、それは銘柄レベルでなく運用手段に対しても当てはまると思います(もちろん組合せによっては重複もしますが)。

まぁ自信を持って運用できる手段があれば【一極集中】が効率良いのでしょうが、自分にはそんな手段がないから【分散】を選択しているのかもしれませんね。

どんな金融商品もお金を増やしたいという【欲望の行為】ですから、何の準備もしなければあっという間に身ぐるみはがされちゃいます。
でもリスクにしっかり向き合えば必要以上に怖いものでもないですよ。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
年度も変わり、新たな気持ちで仕切り直すにはちょうど良い時期となっております。

長期投資でも、ホッタラカシではなく何らかの節目を利用して定期的に資産の状況をチェックしましょうね。

~*~

それにしても前回の記事でも書きましたが、ソーシャルレンディング【みんなのクレジット】はいろいろな意味で話題となりましたね。

ちょうど世間では旅行会社のてるみくらぶが破産やらなんやらで話題となってしまい、みんなのクレジットの方は余り騒がれませんでしたが。


それでも自分の資産がどうなるか分からない状況って、さすがに落ち着きませんでしたね。

株式投資では金曜日の夕方にとんでもないIRを出されて月曜日ストップ安決定までの悶々とした時間を味わったこともありますが、今回はそれとはまた違った感覚でした。

リスク商品に投資したという事で、ファンド単体の焦げ付きリスクや投資会社の倒産リスクなど覚悟はしておりますが、投資した瞬間にリスクにぶち当たったのはさすがに今回が最初でしたから。

数回でも分配されていれば少しは気も晴れる所ですが、それも一切ない状況です。

本当に投資した数日後のことでした。

それに最悪な結果も想定しなければいけない状況でしたし。

~*~

3月30日に関東財務局から処分の詳細が出ました。

内容はこちらです(関東財務局HPへ)

免許取り消しか?などとネットでは騒がれておりましたので、1カ月の営業停止というのは想定外でした。

もしかすると長期間で是正するのではなくサッサと是正しなさいという事かも知れません。


会社発表の資料やネットインタビューも見ておりますが、どうもソーシャルレンディングというカテゴリーは、いろいろな法律の寄せ集めの上で成立しているようです。

それぞれの法律を所管している省庁の解釈もそれぞれ異なってきますし、ましてや歴史の浅い金融商品ですから、問題に対する解釈も厳しくなるのかもしれません。


これからも【みんなのクレジット】以外の業者で、行政指導などが行われることもあるかもしれません。

最初から詐欺を目的とした行為は別ですが、法解釈のグレーゾーンのせめぎ合いですから必ず出てくる問題です。

その指導は投資家保護などが目的とされるでしょうが、すでに投資している投資家からすれば今回のように倒産リスクを高める事にも繋がります。

引き続きソーシャルレンディングを続けるなら、少なくともこのリスクに備える必要があるでしょう。

 ①投資資産の中で占める割合を見直す。
 ②複数の業者を利用し分散を行う。
 ③1業者内でのファンドも分散する。

私はこれらを最低限行い、もうしばらくソーシャルレンディングへ投資は続けようと思っております。

もちろん【みんなのクレジット】自体は一旦ガタガタになってしまった信用を取り戻すのは生半可な事ではないでしょうが、まずは体制の立て直しを図ってもらいたいと思います。

~*~

私の投資したファンド初回分配は4月28日。

果たして分配金は頂けるのでしょうか?

3月の分配は無事支払われそうなので、ちょっと期待しちゃってもいいのかな?

それともやはり残念賞?

もはや戻ってこない資金と覚悟はしたのですが、ちょっとでも希望の光が見えると、欲が出ちゃいますね。


ちなみにハピタス経由で口座開設したので、こちらも心配したのですが無事10000ポイント付いておりました。

ささやかですが、これだけでも御の字ですね。

さらに問題扱いとなっていたキャッシュバックキャンペーンも入金されました。

この調子で頑張ってくれないかなぁ。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
いや~、ビックリしました!!

ソーシャルレンディングの「みんなのクレジット」という業者に対して、行政処分を行うよう証券取引等監視委員会から金融庁へ勧告がありました。

詳しい事は各メディアに掲載されておりますので、そちらをチェックして頂ければと思いますが、私も多少なりともこちらのファンドへ投資を行っておりますので、やはり心配になりますね。

心配したからと言ってお金が戻るという訳でもないので、事の顛末を見守っていくしかないようです。


不幸中の幸いとしては、ソーシャルレンディングへの投資について業者を分散していたという事なります。

もちろん業者リスクというのは早々起きない事と思ってはおりましたが実際起きてしまいました。

まだまだこのソーシャルレンディングというカテゴリーが若い金融商品なんだなぁと痛感しました。

これまでもソーシャルレンディングでは、いくつかの業者が行政処分を受けてきました。

それだけグレーな部分が多い状態なんでしょうね。

指摘事項を改善しつつ、新たな金融商品として成長してもらえればと思うのですが、こういった事件で新たな商品が衰退してしまう事が、投資する我々にとって手段を減らされてしまう悲しい事なのかもしれません。

他の業者はこの処分を他人事とせずにしてほしいものですね。

~*~

とにかく投資してしまった資金に関しては、融資期間が満了しない限り返ってきません(なんと20カ月!)。

会社がつぶれるのか、はたまた奇跡的に資金が戻ってくるのか、ただ待つしかないようです。

投資には、そんな状況でも座して待つことが出来るようなお金を投入しましょうね。

また投資は「自己責任」。

これから目を背けたら、投資する資格はありませんよ。

自分の投入する資産に対して取れるリスクを投資商品に対応させて行かねばなりません。

これを踏まえて、お金を育てましょうね。

~*~

それにしても去年はイギリスショック、今年は「みんなでショック」かぁ。

投資から退場することはないのですが、ウハウハと増やすこともできない状況なのが、何とも悲しいところですねぇ。

ぼちぼち増やすと「ショック」に持っていかれる。

最近、この「ショック」に慣れてきてしまっている所が、怖い感じです。

以前なら、FXなどで数千円の損切りが「プルプル」していたのに、今回の件でも多少腹も立ちましたが「致し方なし!」と考えられるようになっている自分が「負け慣れ」しているようで。

「勝ち慣れ」したいなぁ。

まぁ今後も引きつづき慎重に投資をして行きたいと思っております。

いい勉強になりました!(トホホ)

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村