2018年もサッサと1か月経ってしまいましたね。
時間がたつのは本当にあっという間です。

資産形成も【始めるのは早いほど良い!】とよく言われますが、これって積立期間が延びるという意味のほかに【躊躇している時間っていつの間にか長くなっちゃうのよね】という意味も含まれると思います。

積立で考えて見ますが、投資期間が長ければ目標金額が同じであれば1回の投資金額は少なくて済みます。
少ない金額で投資する方が、気持ちの面でも楽ですよね。

投資をしようか迷い続けてしまい、なかなか一歩が踏み出せず1年3年5年と経てば、自然と積立てに充てる期間も減ってしまいます。

期間が短くなったうえに目標金額が変わらなければ1回の積立額はどうしても大きくなってしまいます。
1回の投資金額が大きくなれば尚更投資するかどうかの段階で迷ってしまいますよね。

なので、資産形成が必要な環境で生きている方は、やはり少しでも早く資産形成の世界に足を踏み入れた方が良いという事だと思います。

早く相場の世界へ足を踏み入れれば、相場の浮き沈みも体験できます。

含み益で喜ぶこともできますし、含み損の辛さも味わうことが出来ます。

【相場は動くもの】という認識を体感して欲しいですよね。

100万円を普通預金で一年運用すると利息は7円だそうです(税引き後)。

これで満足なら何も言いませんが、やはり何とかしたいですよね。

それなら最大いくら位なら損してよいのかをしっかり検討して、それに見合った投資商品を運用したほうがよい訳です。

ハイリスクと思われるレバレッジ商品のFXでも、業者とサービスを選べばローリスクでありながらミドルリターンな状況も作る事は可能です。

例えば最低運用単位が1ドルからのような業者を選べば、銀行の外貨預金より安価な手数料で外貨運用も出来ます。

とにかく自分の許容するリスク内で収まる運用手段を知らないから、いざ資産運用にも手が出せないのだと思います。


投資や資産運用って、どうも必要以上に【怖がられている】気がします。

確かに身ぐるみはがされてしまうような投資や資産運用もあります。

でも投資や資産運用の中にもいろいろある訳です。

個人向け国債からレバレッジ商品まで、ずず~いと幅広く。

預貯金のみで運用して、うっかりATMで時間外に1回現金を下ろしただけでとんでもない手数料を取られるほうがよっぽどハイリスクな気がします。

どれだけのリターンが欲しいのか、そのリターンを得るために何で運用するのか、その場合はどんな知識が必要なのか?

この手順をしっかり踏んで、必要な情報を整理すればそれ程【怖い】ものではないと思います。

実際に運用を始めてみると、資産運用でお金を増やすことはとても大変な事が分かります。

でも増やす必要があるなら、頭に汗をかかねばなりません。また失敗もあるでしょう。

だからこそ【早く始めましょう】ということなんですね。

早く始めれば始めるほど、投資スキルの引き出しが増えます。

多少の失敗も取り返す事も出来ます。

たまたまワンチャンスで【仮想通貨億り人】を狙うのではなく、10年~30年にわたって利用できる投資スキルの方が、私は価値があると思っております。

もしかすると人間の寿命も飛躍的に伸びて【130歳社会】なんてこともあるかもしれませんからね。

100才になっても資産の取り崩しなく必要資金を投資スキルで淡々と獲得できるようなトレーダーというのも良いかもしれませんね。

資産運用を勧めても、ギャンブラーになれと言っている訳ではありませんよ。

ご自身に必要な資産運用が出来るようになってほしいと言っている訳です。

~*~

≪積立中ファンド≫2018年1月31日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:10%、2,000円】
 資産残高:209,589円

(2) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:135,395円 損益:33,514円 損益率:32.9%

(3) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:342,061円 損益:55,855円 損益率:19.5%

(4) ひふみ年金
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:15%(3,000円)】
 資産残高:199,936円 損益:58,911円 損益率:41.8%

 
≪積立休止ファンド≫

(1) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:--%
 資産残高:81,285円


総資産残高:968,266円
損益合計 :148,266円(18.1%)
拠出額合計:820,000円(41か月)

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
年明けのブログ更新をさぼってしまい、広告を久しぶりに表示させてしまいました。

無事に2018年を迎えトレードもぼちぼち行っておりますので、ご安心を。

そんな2018年ですが、今年も資産形成については多少の嵐ではぶれない芯の通った運用を心がけていこうと思いますので、のんびりとお付き合い下さいね。

~*~

さて私が行っている資産形成の中でコアとなっているものが、iDeCo(個人型拠出年金)であります。

2017年も淡々と積立てを続けましたが、途中から株式メインのポートフォリオに変更したこともあり、順調に資産評価額を増やす事が出来ました。

年末最後の積立てで積立原資は80万円となりましたので、2018年中には100万円の区切りを越えることが出来そうです。

月額2万円の積立ですから、この先20年積立てを行うとして480万円のうち約5分の1を通過する事となります。

改めてこの事について考えて見ると、老後資金としての約500万円はそれほど大きな金額ではないと思います。

いろいろなサイトを見ていると「老後は1億円は必要!」とか「3000万円では老後破産必死!」などと不安なタイトルが目白押しです。

生活レベルや想定寿命で必要資金は変わってくるでしょうから、これらの数字に惑わされる必要はないのですが、肝心な事は「どれだけ資産の取り崩しを避けるか」なのでは?と思います。

何らかの給与収入が老後も手に入るのなら問題ないのですが、基本的な収入は公的年金のみとなります。

その年金も我々世代(現40歳代)が無事給付されるかとても疑問な所ですから、残る手段は「お金を生み出す」しかない訳です。

そのお金を生み出す事に必要となるのが【投資資金】になる訳ですが、こればかりはとにかくたくさんあった方が増やしやすくなります。

2000万円を5%で運用できれば、年100万円。月8万円程度生活費に補填できます。

レバレッジ商品の運用に慣れていれば、500万円をレバ4倍で運用すれば上記と同様の運用も可能となります。

この時にiDeCoで積立てをしていた約500万円が、もしかしたら生きてくるかもしれません。

iDeCoは60歳になるまで出金することが出来ません。

60才になって出金した時に、さっそくローン返済で使ってしまうのか、更に大きく育つ種となるかといった事になるのですが、この種とするためには投資手法という栄養剤をきちんと入手しておく必要がある訳です。

なので、私はすったもんだを繰り返しながらもFXなどのレバレッジ商品について挑み続けています。

iDeCoやセゾン投信の積立てで得た資金は、原則引き出さない。使わない。
(どうしても困ったときでも、積立原資は手を出さず運用益から使う)

こればかりは筋肉トレーニングのようなもので、いつも鍛錬をしておかないといけない気がしております。

現在の私のスキルとしては50万円の原資(証拠金)で、年20~30万円程度を稼ぐレベルです。

これは年60%の運用となる訳ですが、それほどハイレバレッジな運用をしている訳でもありません。

1週間の目標を6,000円程度とすれば何とかなる額です。

もちろん50週、常に6,000円とれるとは限りません。マイナスの時もあれば大勝する時もあります。

そんな状態を平均して週6,000円に持って行けばよい訳です。

この感覚にはだいぶ慣れてきましたが、次に目標を上げる時はまた負荷がかかりそうです。

50万円で30万円稼げるなら、500万円あれば300万円も可能、とはならないのがトレードなんですよね。

だから常に筋トレをしないといけない訳です。

レバレッジ規制が急に行われたりもしますので、常に自分が利用できる狩場を用意しておくかが肝なのかなぁとも思っております。

レバレッジ商品ではない商品で資金を増やすのはとても難しいと思います。

だからそれぞれをしっかり使い分けましょう。

そのための勉強期間もしっかりとりましょう。

潤沢な退職金や資産があるなら意味のない文章ですが、年金や退職金が当てにならないなら、やっておいて損はないと思いますよ。

ちょっとまとまりのない文章となってきましたが、2018年もコア部分はしっかり積立てを行いつつ、レバレッジ商品の精度に磨きをかける。

そんな目標を胸に、この一年を乗り切っていこうと思います。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年12月29日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:10%、2,000円】
 資産残高:203,640円

(2) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:127,806円 損益:27,908円 損益率:27.9%

(3) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:332,499円 損益:52,245円 損益率:18.6%

(4) ひふみ年金
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:15%(3,000円)】
 資産残高:189,954円 損益:54,878円 損益率:40.6%

 
≪積立休止ファンド≫

(1) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:--%
 資産残高:81,285円


総資産残高:935,184円
損益合計 :135,184円(16.9%)
拠出額合計:800,000円(40か月)

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
今年も残すところ1カ月となってしまいましたね。

1年なんて、本当にあっという間です。


先月は株式市場などで調整のような動きも出ましたが、大きくは崩れずにまだまだ上を目指しそうな状況となっております。

ビットコインもすごい事になりましたね。

今年の初めは10万円程度だったような。

今では何と100万円を突破と思ったらその後1週間後には200万円突破! もう常識外の値動きです。

「あ~、こうなるなら早くやっておけばよかった!」なんて声も聞こえますが、私だって「いいなぁ、うらやましいなぁ~!」なんて正直思っています。

ここから更に300万円、500万円にだってなるかもしれませんが、やはり相場の過熱感はかなり感じますよね。

でも加熱かどうかすらわからないのが、現在の仮想通貨。


ということで乏しい知識と経験でFXなどと同じようにチャートで考えてみると、私が欲しい【相場の節目】となるようなガッチリとした高値が無い状況です。

いわゆるレジサポラインなんですが、FXをやっているとこれがあるから相場にエントリーできると思っています。

「ここを抜ければこの辺までは大丈夫そうだ。」とか「ここを割るとこの辺りまで下落しそうだ。」といった感じ。

なので投資対象としてビットコインが良いか悪いかという判断は出来ませんが、自分のトレードが通用するのかどうかという観点から考えれば、今のところは時期尚早なんじゃないかなぁと考えております。


ただ口座開設ぐらいはしておいても良いのかもしれませんね。

FXだって数年前に比べれば随分とおとなしい金融商品になった訳ですし、新しいレバレッジ規制の話も出ております。

無制限なレバレッジから50倍、そして現在25倍、さらに10倍程度に規制がかかる可能性もあるFX。

ハイレバでの運用は行っていない私ですが、25倍だからこそ一時的に12倍程度になる事もあります。

これが10倍だと私の感覚だと4~6倍程度に抑えないと、精神的に不安にもなります。

とても使い辛いくなることは確かです。

こんな感じで自分の住み心地の良いカテゴリが、何らかの原因で使えなくなることもある訳ですから、新しいものに対してアレルギーを持たず付き合った方が、新たな可能性も見いだせるという事です。

何事も食わず嫌いはいけません。


カレーの付け合せのラッキョウも随分な期間嫌いでしたが、それでもカレーの度に食べ続けたところ、ある瞬間からカレーには無くてはならない存在に気付きました。

まぁよく分からない例えを出しましたが、トライする事は大切という事。


たまたま1回の大波に乗れなくても大丈夫なんです。

投資を長く続けるのなら、数年に一度の10万円を100万円にしたワンチャンス狙いではなく、毎月10万円を15万円にできるスキルを身に付けた方が、資金を増やせるチャンスは大きくなると思います。


その増やせるツールになるかもしれない仮想通貨。

2017年は仮想通貨元年的な年でしたから、盛り上がるにせよ衰退するにせよ情報は集めていきたいと思っております。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年11月30日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:10%、2,000円】
 資産残高:197,691円

(2) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:121,937円 損益:24,022円 損益率:24.5%

(3) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:316,701円 損益:42,399円 損益率:15.5%

(4) ひふみ年金
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:15%(3,000円)】
 資産残高:176,014円 損益:46,887円 損益率:36.3%

 
≪積立休止ファンド≫

(1) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:--%
 資産残高:81,285円


総資産残高:893,628円
損益合計 :113,628円(14.6%)
拠出額合計:780,000円(39か月)


~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
日経225も遅ればせながら上昇気流に乗ったかなぁとと思ったら、急に調整色の強い値動きとなっていますね。

この動きをどう見るかは人それぞれだと思いますが、大きな調整があったことは確かですから、しばらく様子を見つつ慎重なトレードを心がけたいなぁと思いました。

iDeCoの方は株式に振り切ったポートフォリオとしたため運用成績も良い感じとなっておりましたが、やはりここ最近の株価調整によって評価額は下がっていますね。

【WealthNavi】もそうですがレバレッジが掛かっていませんし、デイトレードという訳でもないので、一喜一憂するつもりはありません。


大きく下げるようなら、待機資金から買い付けをするまでの事。

FX裁量トレードと違ってのんびりトレード出来るのが、とても気が楽で良い感じです。


いいよ、いいよ、暴落来てちょうだい。

どうせiDeCoからお金を引き出せるのは20年近く先の話なんで。

20年後の暴落はイヤですが…。


そう考えると、今は余計なトレードはしない方が良いのかもしれません。

リーマンショックや同時テロなどの大事件が起きて市場が総悲観となる可能性は20年単位で考えれば2~3回はあるでしょうからねぇ。

まぁ20年で2~3回のチャンスに乗るのはもちろん困難なので、トランプショックやイギリスEU離脱ショッククラスに備えて、うまく安い所を拾いたいものです。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年10月31日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:10%、2,000円】
 資産残高:191,742円

(2) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:119,502円 損益:23,570円 損益率:24.6%

(3) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:308,579円 損益:40,229円 損益率:15.0%

(4) ひふみ年金
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:15%(3,000円)】
 資産残高:163,453円 損益:40,275円 損益率:32.7%

 
≪積立休止ファンド≫

(1) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:--%
 資産残高:81,285円

総資産残高:864,561円
損益合計 :104,561円(11.7%)
拠出額合計:760,000円(38か月)

月次報告が遅れました。

さて月一回の残高確認ですが、債券やRIETを無くしたことで随分とシンプルなポートフォリオとなりました。

これで景気が良ければ資産増大、景気が悪くなれば資産減少と分かり易い構成となったので、これはこれで良いのではないでしょうか。

上の記事では利益確定のことも書いておりますが、結局うまく利確できずに含み損になってしまうのが普通なんです。

それぐらい利益の確定って、いざやろうと思っても出来ないものです。


20年全力で株式とは思いませんが、少なくとも10年ぐらいは株式に全力でも良いのかなぁ。

掛け金は月2万円とすると10年後の掛け金総額は約300万円ですか。

そのくらいになったら、利益の確定をまじめに検討すれば良い気がしてきました。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
先日ジョギングで近所へ出かけた際、金木犀の香りを感じました。
でもこの時期は秋雨もあり、あっという間に金木犀も散ってしまうのですよね。
トイレのイメージが強かった金木犀ですが、ここ数年季節感を感じさせてくれる貴重な存在として気に入っております。

~*~

さて休日にiDeCoの状況を確認しておりましたが、何となくいじりたくなってしまい配分の変更とスイッチングを行ってしまいました。

本来はそんなにイジルものではないのでしょうが、イジリたい欲求が勝ってしまったため仕方ありません。

投資に対する「不動のこころ」というものを持ちたいものです…。

とはいえイジッてしまった物は仕方ありません。

今回の変更は少しずつ待機資産への移行を行っていくことをメインの目的としております。

まだしばらくは国内外ともに株式も順調に上値を試しに行くと思われますが、下値余地も出始めているのは確かです。

そこで次の大きなチャンスを活かせるような準備を始めようかなと思っております。

それこそ日経平均が1万円以下で仕込めるようなタイミングだと最高なんですけどね。


今回イジッたのは次の通りです。

①国内外のREITファンドを売却、あおぞら定期にスイッチング。

国内外の株式に比べ伸びが鈍化している事もありREITカテゴリーから撤退しました。
国内REITは微損、海外REITは微益となり今回のスイッチングではプラスとなっています。

②外国債券ファンドを売却、あおぞら定期にスイッチング。

債券ファンドのメリットがあまり感じられず、これなら株式カテゴリのスポット買いに資金を待機させた方が良いと判断しました。
スイッチングは微益となりました。

③あおぞら定期とひふみ年金について積立ての配分を変更。

あおぞら定期の配分増加は次のチャンスに備えて待機資金をしっかり増やしておくことを目的としています。

ひふみ年金は相場のリスクオフ時に備えて現金ポートフォリオを増やす運用スタイルです。このスタイルは現在の私の運用方針に近いものです。
相場環境が悪い時までインデックスに付き合わない当ファンドの割合を増やすことにしました。
余程の事がない限り、スイッチング等は行わないつもりです。

これでiDeCoは定期預金と株式カテゴリのみの運用となりました。
iDeCo単体だと偏りのあるポートフォリオですが、債券など守りのカテゴリを取り入れるのは、55歳あたりから考えればよい!と割り切りました。
それまでは暴落時の買い増しにとにかく備える事にしました。

暴落時に買い出動する事は、それ自体が難しい事も十分承知。
それでも相場状況が総悲観から緩んだ辺りの空気感はチャートに出ますから、このあたりでコツコツと買い増し狙います。

底値買いは狙わずに高値からある一定の下落に対して分割して購入していく感じでしょうか。

売買コストがかからないメリットを活かして、中期的なスイングトレードのようなものが出来たらなぁとイメージしているのですが、まだ総資産100万円にも達していないので、それ程積極的なトレードは行わないと思いますが、ある程度のトレードルールを考えておく必要はありそうですね。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年9月29日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:10%、2,000円】
 資産残高:19,830円

(2) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:113,733円 損益:19,784円 損益率:21.1%

(3) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:295,761円 損益:33,363円 損益率:12.7%

(4) ひふみ年金
 積立比率:30%(6,000円) 【旧:15%(3,000円)】
 資産残高:149,983円 損益:32,754円 損益率:27.9%

(5) 待機資金:165,963円
 
≪積立休止ファンド≫

(1) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:--%
 資産残高:81,285円


総資産残高: 826,555円
損益合計 : 86,555円(11.7%)
拠出額合計: 740,000円(37か月)

今回、海外債券ファンドやREITファンドをスイッチングしましたが、WealthNaviでは逆に海外債券ETFの買い増しが大きかったです。
こちらは感ピューター、向こうは感情を持たないロボット。
とても勝ち目はない気がして、やっちまった感が強いものがありますが、まぁ仕方ありません。

人間のいい加減さで頑張って参ります!

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村