皆さま、世界的にリスクオフな相場状況となっておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

私の各資産も評価価格はドンドン下落しておりますが「あぁ、あの時利益を確保しておけばよかったなぁ~。」なんて考えちゃいますよね。

でも相場は過去に戻る事なんてできませんから、次回同じようになった時にどう行動するかを考えておかないといけないのでしょうね。

私も何度となくチャートの山頂に立ったにも拘らず、もっと高い頂上があると思って持越した結果塩漬けになっていたという事ばかりなんですよ。


最近思うのは「部分決済」という戦法をもっと有効に活用したいなぁ、という事。

元々保有している株式は最少単元の数量しか保有していないため、この部分決済が出来ません。

「まだ上がるかも!」なんてグズグズしていて利確のタイミングを逃してしまう原因だと思います。


もし複数単元を持っていれば、利益の確保も行うことが出来る訳です。

続けていけば、取得額と利益確保額が一緒になれば【無敵株】になります。


私は現在ほとんど現物株式のトレードはしていないのですが、だいぶ日本株式も安くなってきたので、気になる銘柄は監視を始めても良いかなと考えております。

購入する場合は、少なくとも2単元を購入できるよう資金を用意しないといけませんね。

ただ2単元取得するといってもタイミングは多少時間差をつけるかもしれません。


部分決済という手段を考えると、FXは作戦がとりやすいかもしれません。

FXでは株の単元に相当する単位が通常1000通貨なんで10000通貨ポジションを取って1000通貨ずつ利益を確定させることも可能な訳で。

そんな融通が利くところも、私がFXを主戦場とする理由なのかもしれません。

~*~

積立をしている投資信託でも、ある程度利が乗っていたら一部利益を確保するのもありなんでしょうかねぇ。


セゾン投信なんて、ひたすら毎月々積み立てておりますが、たまに利確したくなる誘惑に駆られる時があります。

利確した資金はしっかりプールして、次のチャンスに備えるのも手なんですが、どうもそこまで資金管理に手が回らなさそうで、今のところは利確していません。


ただ通常の投資信託では売却して利益を出すたびに課税されてしまいます。

あまり頻繁に売却してしまうと、その部分のコストが大きくなってしまうかもしれません。


その点確定拠出型年金(DC)は売却による課税はないので利が乗ったら一時的に元本保証の商品でプールする事は可能です。


ちなみにNISAは売却益に対して課税されませんが、年間の利用枠に制限がかけられているので、その部分との兼ね合いになりますよね。


同じ投資信託の運用でも運用する口座によって利益確定などの考え方も変わってくるという事なんです。


私はDCの状況については1カ月に一回状況を確認しています。

今のところ運用資金が大きくないので、4半期ごとぐらいの調整で良いかもしれませんが、今後運用資金が大きくなった場合は、より頻繁にリバランスを行う必要が出そうです。

そんなバラ色の未来が来るかどうかわかりませんが、今のうちに利益確定のルーチンを検討してみたいと思っております。


DCは60歳の積立て終了でゴールとなるので、少なくともそこがエンドになります。

その時に利益が出ていなければ、節税効果しかメリットが無くなりますので、何とか運用益を出したいじゃないですか。

なので、コツコツと利益を確保するのも手なのかなぁと考えております。

~*~

つらつらと書いてきましたが、資産運用する上で大事なのは【含み益】ではなく【確定益】の確保だと思っています。

どこかのタイミングで利益や損失を確定させなければ、何のために運用しているのか分からなくなります。

なので、今のうちからしっかりと自分のルールを確立させる練習をしておく必要があるかもしれませんね。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
皆さま、ついに6月を迎えてしまいましたね。

今年も早半分が終わろうとしております。

焦る気持ちもあるかと思われますが、まずは今年前半のトレードについて振り返ってみるのも良いかもしれません。


さて、今回の記事は投資雑感。長い割にはあまり中身が無いような。
おヒマな時にでもご覧ください。

~*~

現在FXをメインにトレードしている私ですが、株式投資も細々とですが行っております。

銘柄はほぼ東証1部なので、それほど派手な動きはしません。

それでも悪材料など出てしまうと、マイナストレンドに入ってしまいますから、よほどの業績回復や増配、分割など投資家が喜ぶことが起きない限り、塩漬けになってしまう訳です。

不祥事やトップ交代による理念の変更、買収などで「?」と感じたら、一旦関係を断つのもありなのかもしれませんが、これまでず~っと出来ていませんでした。

トレードスタイルも滅茶苦茶でした。

短期なのか、スイングなのか、配当目的なのか?

一番、悪い投資スタイルであるこんなこともしばしば。

・短期トレードでガンガン稼ぐぜ!
・調子よく上がるから、もっと値幅取ってやるぜ!
・まだまだ上がる、ヤッホ~!
・あ?下がりだした。まだ大丈夫だろう。
・やばい!利益5%になったら脱出だ!
・5%になっちゃったけど、これだけ下げたからそろそろ上がるのでは?
・買値になっちゃった。
・あれあれ、マイナス5%だ。損切り!!できない!
・見事な塩漬けに。配当あるし大丈夫。
・え~、更に配当無し~?


と、まぁこんな感じで利益の確定も損失の確定も、全然できませんでした。

レバレッジをかけた信用取引はせず、現物取引だけだったので生き残っておりますが、やはり今思えば何ともまずいトレーダーでしたね。

別に配当狙いや優待狙いが間違っているという訳ではないんです。


よく株式投資は「惚れた会社に投資せよ」と言われますが、実際には事業内容より配当実績や株主優待などに目が行ってしまう事が多いですよね。

企業に対して盲信するのも投資成績が伸びなくなる理由かもしれません。

なにが言いたいかですが、株でもFXでも当初考えていたトレードスタイルを途中変更してはいけないという事なんです。
(変えたとしても更に有利になる方ならOK)


現在、株式でも私はとても素敵な取得単価で塩漬けにしている銘柄がゴロゴロしていますし、FXでも別の通貨じゃないの?というぐらいの塩漬けポジションを持っています。

どちらも資金管理さえ間違わなければ退場になる事はないのですが、あくまでも【退場しない】だけなんですよね。

有限かつ貴重な投資資金が拘束されてしまい、かつ微々たる配当とスワップを生み出しますが、それだけなんです。


FXでは、昨年末から年初にかけてかなりの塩漬けポジションを整理しました。

おかげでその後の急激な円高にも耐えられる結果となり、本当にホッとしました。


実はまだまだ塩漬けポジは残っているのですが、これはまた来年に持ち越そうかあと思っております。

せめて税金対策としてのメリットぐらいはこれらのポジションに頑張ってもらおうかと考えた訳です。

というか、全部損切りを行ってしまうと、とてもその損失枠を使い切れないほどの額なんですよねぇ。


といういい加減なトレーダーを反面教師として戴いて、中身のない塩漬けポジションを作らないためにも、最初に決めたトレード戦略はきっちり守りましょうね。

私もまだまだ損切りが完全に出来るとは言えないのですが、少しずつ損切りの感覚を掴んできた気もしております。



ここで現在のMy極意をご紹介。

【My損切り極意①】
今の自分のトレードで取り返せる範囲で損切りしましょう!


【My損切り極意②】
トレードはこれで終わりじゃない!チャンスはこれからも生まれるぞ!


値幅が何Pipsとかではなく、精神論ですね。

だって損切りするのは機械ではなく人間ですから、精神的に納得させないと切る物も切れないと思うのです。

でもこの二つのMy極意で、結構損切りが楽になりました。

一つ目の極意は、裏を返せば自分のトレードの利確幅も掌握していないといけませんし、二つ目の極意では失敗ポジションへの執着があまりなくなります。

まぁ極意というと何とも恥ずかしいですが、効果は結構ありますよ。

FXでの裁量トレードでも、少しずつ塩漬けポジを作ることが減ってきましたので、いずれは株式トレードにも応用できればと考えております。

~*~

長期にわたる投資期間を生きる訳ですから、今すぐでなくともトレードスタンスを確立できるよう意識をして、トレードしていきましょうね。

今回書いた内容は、株やFXだけでなく投資信託などでも同じと考えられます。

相場に絶対はありませんから、当たり前のように得もすれば損もします。

重要なのは、その比率をコントロールする事じゃないでしょうか。

得しやすい所でトレードして、損しやすい所ではトレードしない。

当たり前?

いやいや、結構難しいものですよ~。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
皆さま、2016年もいつの間にか始まっておりますが、年末年始はゆったりとした気持ちで過ごすことが出来ましたか?

このブログも何とか1年続けることが出来ました。

広告も何度となく出してしまいましたが、心折れず続いております。

今年もペースを変えず、のらりくらりと続けたいと思いますので、よろしくお願いしますね。

~*~

今年最初の記事は「ブログと長期投資について」です。

とてもたくさんの情報を提供してくれるブログもありますが、基本的にはブログって自己満足や単なる備忘録のようなものが多いですよね。

続けることのモチベーションを保てなくなれば、ブログはいつの間にか終了します。


長期投資もかなり似ているところがあると思います。

老後の必要資金をためるために投資で資産を増やすんだ!と投資欲に火がつき、最初のうちはあれこれ情報を集めたり、株価や基準価格を毎日のようにチェックし一喜一憂する訳です。

でも少しずつその炎は小さくなっていきます。

特に○○ショックなどで大きな含み損なんか作っちゃった日には、ものすごい気持ちの落ち込みよう。

油断すると【樹海行バス】のチケットをネットで探しちゃうような状況にもなったりします。


そうなると一時、投資の事はすっかり頭から消し去るんですよね。

その数年後に○○バブルが再び起きて、投資をしていたことを思い出し久しぶりに口座を見るとほとんど損益無い状態に。

「もう投資は懲り懲り!」ということで売却するか、「次は成功してやる」と急に復活して、さらに高値で市場に参入する訳です。

そしてまたバブルがはじけて振り出しに。


力の入れ時を間違うと失敗続きの投資家になっちゃう訳です。


どうすればよいのか?


ブログも長期投資も基本【ダラダラ】【まったり】続けるのが良いと思います。


もちろん正解ではないのですが、私は今のところそう感じております。

ただこの【ダラダラ】【まったり】続けることって、思いのほか難しい事なんですよ。

ブログはネタが無くたって記事を一応考える訳で、これが結構きつい事ですし、トレードも相場がイケイケモードのときに冷静になる事や、ものすごい含み損の状態でめげずに相場に向き合う精神力をキープする事は、実にキツイ!

それに5分先の相場すら予想できないのに、20年後の状況なんて誰も分かりません。

分かる事は20年後にまとまったお金が必要という事のみ。

これに備えるために長期投資を始めた事を忘れちゃいけません。

ゴール地点でプラスにできるようにする知識と資産の構成バランスを養うことこそ、磨かねばならない要素なのかもしれませんね。


いつもながらよく分からない内容ですが、要はめげずに続けましょう、という事。

今年も焦らず、のんびり、そしてじっくりとゴールに向けて資産を構築するセンスを磨いていきたいと思いますよ。


今年一年、よろしくお願いしますね~!


~~★★~~★★~~★★~~

ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
毎月のように広告を出してしまっておりますが、めげずに頑張って行こうと思いますよ。

さてそろそろ年末の声があちらこちらで聞こえてきていますね。

我が家も少しずつですが、年末年始に向けていろいろと準備を始めましたよ。

一番厄介なのが、やはり【年賀状】でしょう。

毎年やめたい!と本心では思っておりますが、どうしても「昭和人」としてこの風習は続けて行かねばと、よくわからない意地で続けております。

という事で、今年も年賀状とイラスト集を買って参りました。

年賀状は初めて金券ショップで買ってみましたよ。

一枚あたりは数円安いだけですが、100枚単位となれば結構な節約になるみたいです。

さて、頑張って早く取り掛からねば。

~*~

トレーダーとして年末に向けてやる必要があるとすれば、損失のコントロールや節税対策となりますよね。

そして最近その代表例としては【ふるさと納税】があります。

今年分利益に対しての節税を狙ってふるさと納税を活用する場合は、納税を今年中に手配する必要があります。

また申込みや入金のタイミング、自治体の事務処理などの関係であまり年末に近すぎると間に合わない事も出てきますから、ある程度余裕を持って手続きをしたいところです。

それに人気の自治体では、すでに申し込みを終了させている所もあるようなので、急いで情報を集めたいものです。

どうやら今年も無事納税側になりそうなので、そろそろ私も手続きをしようかなと思っておりますよ。

お肉やお酒などよいなぁ、と思う所ですが、我が家はいつも「お米」を戴くようにしております。

もっとトレードで稼いで、「お肉だ、お酒だ!」となりたいものですね。

という事で、そろそろ年間収支の集計を始めましょうね~!

もちろん忘年会のスケジュール調整もしっかり始めましょうね~!

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
皆さま、お元気でございますか~?
ギリシャ問題もついにクライマックスを迎え、週明けの各市場は荒い動きになっていますね。

それでも長期投資を行う場合、気持ちを大きく持って積立てを続けましょう!というのが王道となります。

でもこれが運用資金を老後の生活資金などに使う時期が間近だったとしたら、やはりそれでも気持ちを大きく持ち続けることが出来るでしょうか?

そりゃ無理ですよね~。

一番お金を使いたい時に資産が目減りしてしまっては、これまで長きにわたって運用してきた苦労も吹き飛ばず、かえって気持ちも落ち込んでしまうと思います。

さて、こうならないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

実は私もまだこの「答え」を見出していません。

なぜなら私の予定ではこの先15年~20年は運用を続けていくつもりで、まだ回答を至急出す必要もないのですよね。

それでも相場の流れは1年ぐらいでは元に戻りませんから、5年ぐらい余裕をもって10年~15年後ぐらいには、何らかの対処をしていく必要があると思っております。

具体的には、一定の含み益が発生していれば一部を利益確定して安全資産に移し替えるといったことだと思います。

資金を必要とする時まで全力で運用すると、場合によっては痛い目に合うと思います。

その頃には積立資金もそれなりに大きな額となっているはずですから、少しの価格変動で大きな損益が発生します。

定額積立と違って、難しい判断が必要となると思いますので、今からでも将来どんな感じで資金を運用するか、考えておくと良いのではないでしょうか?

ちなみに積立開始して数年ぐらいでは、ヘタに利益確定などちまちましてもそれほど良い運用はできないと思います。

投資信託で運用する場合は、確定拠出型年金を除いて売買手数料がかかってしまいます。

余程の天井を読み切れば別ですが、大抵もったいない状況となります。

長期投資の着地点を意識する年齢となったら、きちんと計画を立てましょうね。

投資ってエントリーより出口の方が難しいものですから。