fc2ブログ
皆様こんにちは。

Toppiy38です。

FXブログの方は先日やっとこさ更新しましたが、こちらの更新が出来ておりませんでした。

1月も終わり何と2月ですが、改めて今年もよろしくお願いします。

もちろんブログ閉鎖なんて考えておりませんよ。

~*~

今年はやはり新NISAが始まったことが大きなニュースですよね。

もちろん私も始めております。


旧NISAは口座を開設したものの、あまり使い勝手が良いとは思えず放ったらかしにしておりました。

ただ最終年(2023年)は米国株式や一株積立てに利用したことで上限額まで利用しました。

そこで新NISAでも無理のない範囲で積立てなどを行い非課税優遇の恩恵を受ける事に。


まず特定口座で長年積立てをしてきたセゾン投信の積立てを中止し、その資金を新積立てNISAで積み立てる事にしました。

積立ては投資信託の『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』です。

大人気のオルカンに最初はしようと思いましたが、基本5年~10年の積立てを考えているため、分かりやすい米国一択にしました。


成長投資枠の方は昨年から始め9か月続けられた一株積立てで引き続き利用する事に。

一株積立てだけでは非課税枠が余るので、国内ETFから米国へ投資をしようかと考えています。

やはり配当で得られた為替の差益などの税金が面倒なんですよね。

だから多少の手数料アップは気にしません。


あとウェルスナビも変わらず積立てを続けます。

一時44万円で積立てを止めてしまったのですが、新たに積立てを再開した所運用残高も100万円に到達しました。

積立て時に購入バランスを調整したり粛々とリバランスなどしてくれるので、これも多少の手数料なら問題なしです。



そしてこれらの積立て原資はFXの証拠金取引で得られた利益となります。

現状では約月額8万円程度必要となりますが、仮に不足した場合は予備費から補填し積立てを継続したいと思っています。

月8万円の積立てをまずは5年目指そうと思っています。

一株積立ては昨年4月から開始していますので9か月経過したことに。

残り51か月積み立てると480万円となり、これもまた資産の塊になると思われます。


これら3本の柱(①新積立てNISA(S&P500)、②新NISA成長枠(一株積立て)、③ウェルスナビ)をメインに代用有価証券FXなど利用しながらお金を育てたいと思っております。

だいぶ整理しましたが、ホントにシンプルな構成になったものです。

個別株も整理してETFに特化したいぐらいですが、思い入れもあるしとりあえずこれはこれで。


いずれのNISA枠も余裕があるので、たぶんETFなどの売買は行うつもりです。

まぁやっている内にまた気も変わると思うので、焦らずのんびりコツコツと資産を増やしていきたいものですね。

といった感じで2024年も頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2024年2月18日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:838,568円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,708,505円 損益:610,682円 損益率:35.7%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:530,235円 損益:172,278円 損益率:48.1% 

総資産残高:3,699,888円
損益合計 :1,419,888円(62.3%)
拠出額合計:2,280,000円(9年3カ月/113か月)
Toppiy38です。

9月もいつの間にか終わってしまい、東京はいつの間にか秋真っ盛り。
夜は肌寒くなり、油断すると風邪を引きそうです。

しかし今年の冬は暖冬になるとの長期予想なので、今から冬のスキーを心配しております。

そんな中、先日やっとこさ今年初のソロキャンプに行くことが出来ました。

試せていなかった新しい道具なども色々と試す事も出来ましたし、平日行ったためとても静かにのんびり過ごす事も出来ました。

たまには日頃と環境を大きく変える事も大切なんだなぁと痛感したキャンプとなりました。

また仕事もトレードも頑張ってキャンプやスキーに行きたいと思います。

~*~

さて資産運用ですが、4月から開始した一株積立ての年間推定配当が1万円を越えました。現状では13,450円です。

8月から上半期の配当収入を追加で積み立てるブースト積立を行っているとはいえ、それでも一回の積立ては6,000円~9,000円。

積立て回数は11月2日で56回に、投入資金は396,871円。

1株の配当なんてどんな高配当株でもせいぜい年間100円程度。

それが積もり積もって1万円を越えたのですから、やはり嬉しいものです。

このまま保有していれば、勝手に年1万円を戴く事が出来る訳です。

一株積立てはNISA口座で行っているので、配当に対しては非課税。

そっくりそのまま入金されます。

やはりNISAなど使う事で節税メリットを受ける事が出来ますね。

あとはNISA枠で積み立てている株式を新NISAへどう移行させるかお悩み中。

2024年に入れば新規で追加も出来ないし、含み損の状態ではNISAのメリットが無くなってしまうし…。

ある一定の含み益であれば、都度都度移行するのが良さそうな気もしています。

新NISA開始まであと2か月。

ある程度方針を固め始めないといけませんが、難しい所です。


~*~


*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2023年11月4日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:1,606,844円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,176,419円 損益:303,609円 損益率:34.8%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:469,030円 損益:111,073円 損益率:31.0% 

総資産残高:3,252,293円
損益合計 :1,052,293円(47.8%)
拠出額合計:2,220,000円(8年12カ月/110か月)

一旦外国株式を一部利確するためDC定期に移動してあります。
株式イケイケになったら戻そうと思います。
Toppiy38です。

6月のコロナ感染は、7月の休暇取得に影響を与えた事は確かなようです。

キャンプにも結局行けず、猛暑もありどこか積極的に出かけたいとも思わず。


そんな7月ではありましたが、Twitter仲間とのオフ会実現が一番のトピックだったと思います。

オフ会を苦手とする方も多いと思いますが、基本的には参加するメリットは大きいと思います。


実際にオフ会前と後では、参加した方々のTwitter上での雰囲気もまるで変ったと思います。

すごく距離が縮んだような。


3時間飲み放題プラス2時間の計5時間、全く途絶えることなくトレードやら資産運用、趣味の話で盛り上がりました。

たぶん皆さん、普段周りでここまで「沼」で「コア」な話はしないし出来ない環境なのかもしれません。

オフ会後に参加者の皆さんから嬉しい言葉をたくさん頂きました。

また絶対第2回を開催せねばと思いましたよ。

~*~

さて資産運用の方ですが、投資信託も株式(日米)もiDeCoもウェルスナビも順調に評価額を増やしております。

おかげで一株買い増しについては、取得単価がどんどん上昇してしまっております。嬉しい悲鳴ってヤツです。

なのでこれと言って7月にブログでご報告する事も少ないです。


気になっているのは、やはり来年から開始となる新NISAです。

昔から継続しているセゾン投信はNISA扱いではないため、この機会に中止して新NISA内で別のファンドを積み立てようかなと考えております。

やはり可能な限り節税枠は使った方が良いかなと。


メインは1株積立てですが、今後購入する単元株やETFは新NISAに集約。

それでも限度額には届かないと思います。

NISAは結局最後の1年だけまともに使いましたが、新NISAはもう少しうまく活用したいと思っております。

*─────────────────────────────*

iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2023年8月18日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:487,924円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:2,249,458円 損益:596,146円 損益率:36.1%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:457,231円 損益:99,274円 損益率:27.7% 

総資産残高:3,194,613円
損益合計 :1,034,613円(47.9%)
拠出額合計:2,160,000円(8年10カ月/108か月)

108か月目という事で、煩悩の数積立てが完了しました。
これからも粛々と積立てを行っていこうと思います。
Toppiy38です。

6月は遂にコロナに罹ってしまい、1週間自宅謹慎処分となっておりました。

今は扱いもインフルエンザと一緒になった事で食料配布などの行政サポートもありませんし、会社も休めば有給休暇を消化するだけとなり、何とも無駄な罹患でした。

幸いにも重症化せずワクチン接種の副作用レベルの症状だったため、とにかく寝て薬飲んで治りましたし、味覚障害などの副作用もほとんどなく、今は通常生活にしっかり戻っております。

私は家人から感染しましたが感染力は半端ありませんので、皆さまも十分お気を付け下さいませ。


~*~

さて資産運用の方ですが、今回もあまりネタが無いので1株積立てについて報告がてら途中経過です。


7月20日時点で、26回の買い付けが完了しました。

買付金額は167,231円、順調に積み立てております。

見込みの年間配当金額(税抜き)は約5,600円、年利3.35%といった感じ。

4月にスタートして以来、それほど大きな調整が無いため割高な水準で積み上げとなってしまっている感はあります。

とはいえ、ほとんどの銘柄は含み益の状態ですし、仮に暴落すれば買い増しのチャンスと思っております。

チャートや板を見ず平均取得単価との乖離だけで購入しているので、悩まず運用出来ております。

余程の不祥事などない限り見捨てられない銘柄群なので、粛々と追加購入をしていこうと思います。

またNTTが6月末で25分割の株式分割を実施した事で、1株単価が160円程度となり毎回の買い付けが楽になりました。

5株でも800円程度。

暫くは上値も重くなりますが、気にせず枚数をコツコツ増やしたい所です。

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2023年7月22日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:479,987円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:2,242,147円 損益:600,733円 損益率:36.6%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:462,039円 損益:104,082円 損益率:29.1% 

総資産残高:3,184,173円
損益合計 :1,044,173円(48.8%)
拠出額合計:2,140,000円(8年9カ月/107か月)

Toppiy38です。

金曜日に有給を取得して1泊キャンプを計画したいのですが、ことごとく休みを職場からもらえなかったり天気が悪くなかなか今年初のキャンプに行くことが出来ません。

かなりのストレスとなっておりますが、このまま梅雨に入ろうものならたぶん発狂するかもしれません。

とりあえずキャンプなりハイキングなり、一度は出かけないとマズいですね。


というのも先日1台ミラーレス一眼カメラを買ってしまい、早くお出かけ写真を撮りたい欲求も高まっております。

元々PanasonicのミラーレスカメラGM-1を使っているのですが、最近老眼も進みはじめためファインダー付きカメラを切望しておりました。

そしてついに念願のファインダー付カメラを購入。

購入したカメラはOlympus D-m5 mark2です。

なんと2015年発売の型落ち品。しかも中古。

でもプラスチックを多用する現行モデルと違って、ボディにマグネシウム合金をがっつり使った最終型なんです。

質感がずしっとタマリマセン。

それにやはり安い。2世代前ですからね…。

最新の性能までは実際必要ないし、やはり所有欲を満たす方が私は優先度高くて。

あぁ、はやく出かけて写真撮りたい!

~*~

さて資産運用の方ですが、4月後半から新たな活動を行う事にしました。

それは単元未満株を使用した日本株式の1株積立てです。

現在、単元株として日本株を9銘柄保有していますが、更に買い増しをする場合どうしてもまとまった資金が必要となります。

例えば高配当銘柄のオリックスは2023年5月現在株価は2,400円程度です。

単元株を購入する場合は24万円程度の資金が必要となり、資金が貯まるまで現金のままとなって効率が落ちます。


これが単元未満株を利用するとなんと1株から購入することが出来るため、現金2400円程度で投資を行うことが出来るのです。

たかが1株と思って活用してこなかったのですが、同じ資金で多様なセクターと銘柄を複数購入することできるためリスクも分散する事出来る事が分かりました。

もちろん単元未満株の場合は、議決権も株主優待も受けることが出来ません。

単元未満株を積み上げて単元株となれば別ですが、満たさなければメリットは無しです。

ただ最小単元株を持っていても議決権は大した影響は与えらえませんし株主優待も最近は廃止や縮小傾向にありますから、それほどメリットとも感じておりません。

資金としては損切りを行って資金が自由となったトライオートETFの証拠金やFXトレードから発生する利益を活用したいと考えております。


具体的な運用スタイルですが、毎週火曜日と木曜日にあらかじめ決めておいた14銘柄から合計6,000円程度となるよう買い付けを行います。

1回の買い付けで1~2銘柄、また極力投入資金が均等になるよう買い付けを行います。

どうしても高単価株より低単価株の方が株数が多くなりますが、そこは気にせず合計買付金額がほぼ均等になるのを目指します。

現在おおよそ一巡し、購入した銘柄は以下のような感じ(6月11日現在【】は保有数量)。

・INPEX(1605)【4】
・大和ハウス(1925)【2】
・積水ハウス(1928)【2】
・信越化学(4063)【2】
・アステラス製薬(4503)【3】
・クボタ(6326)【3】
・コマツ(6301)【2】
・伊藤忠(8001)【2】
・日本取引所(8697)【2】
・東京海上(8766)【2】
・NTT(9432)【4】
・KDDI(9433)【1】

この12銘柄に加えて、金額調整用として次の2銘柄を以下とします。
・ENEOS(5020)【8】
・三菱HC【3】

毎週12,000円、年間62万円となり、当面の目標は5年間で約300万円を目指します。

これで配当3%だと年額約9万円。

分散の取れた状態で、この配当額は結構良いのではないかと。

うまく行けばそのまま更に5年追加し600万円を目指せれば思います。

この10年でちょうど60歳となるため、一旦資産の整理にはちょうど良い区切りだと思います。


インデックス投資はセゾン投信やiDeCo、ウェルスナビでも行っているので、基本的な資産成長はこちらに任せたいと考えております。

その他にFXトレードで得た利益もきちんと資産運用できればと思い、今回のプランを実行する事にしました。

株式はFXと違い企業の成長を株主として享受する事が出来るので、株価の上昇や増配の恩恵も受けることが出来ます。

成長性が無いと言われる日本株も、すでにメインの投資先を海外にシフトしている企業も多く存在しますから投資対象から外してしまうのはもったいない。

FXが突発的な事故などで大きな損害が出ても、その利益を定期的に逃がしておけば最悪の状態は避けられます。


それ以上に毎週2回も株を購入できるのが、また楽しいですよ。

最初は大した額ではありませんが、積み上げれば結構な存在感を持ってくれるのではないかなぁと思います。

皆さんもミニ株(単元未満株)、挑戦してみては如何でしょうか?

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2023年6月10日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:464,105円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:2,089,848円 損益:472,230円 損益率:29.2%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:452,963円 損益:95,006円 損益率:26.5% 

総資産残高:3,006,916円
損益合計 :906,916円(43.2%)
拠出額合計:2,100,000円(8年7カ月/105か月)

iDeCoを始めてから初の300万円突破となりました。
株式相場の調整局面で、外国株式の比率を上げたのが良かったみたいです。

様子を見つつ必要に応じて株式から元本保証商品へ利益の保存をしたいと思っております。