2017年も後半戦がスタートしましたが、ソーシャルレンディングの方は基本的には順調に運用しております。

近況はこんな感じ。

①みんなのクレジットその後の状況

行政処分を受けた【みんなのクレジット】は、かろうじて今のところは償還と分配を行っておりますが、「担保有」という表示だったファンドも担保保全率20%もない状態という事が会社発表で分かり、これは来年末の償還まで会社が存続するかどうか厳しそうという感想です。

元々の親会社である【甲グループの代表印、契約関係、資産を管理し、資金の入出金管理を実行】まで行われている状態だそうで、ある意味恥ずかしい状態ですよね。

こんな状況ですから償還はとても厳しそうですが、せめて分配金だけでもラストまで頂きたいものです。


②Trust Lendingへの投資開始とその後

5月にLuckyBankから資金移動し運用をスタートさせたTrust Lendingですが、7月に入り最初の分配が行われました。

預託金制度ではないため振り込まれた銀行口座を確認したところ、201,326円いう金額となっており、一瞬「?」となりました。分配金しては多い!

そこで報告書を見た所【償還、分配】となっておりました。

つまるところ運用開始1カ月で早期償還となった訳です。

ソーシャルレンディングでは【早期償還】がある事は知っておりましたが、予定15ヶ月の運用で募集をかけている案件が、まさか【1か月】で償還されるとはさすがにビックリ!

そりゃないぜセニョリータってヤツです。

償還後新たに申込みたいファンドが無かったり、ファンド成立までの募集期間中は配当計算対象外ですから、あまりに早期償還されてしまうと運用効率が下がってしまいます。

さらにTrust Lendingは預託金制度を取っていないため、償還金、分配金は支払われるたびに投資家の銀行口座に直接振り込まれてしまいます。

私が利用しているSBI銀行はある回数まで他行振込みは無料ですが、一定回数を越えると振込手数料を徴収されてしまいます。

度々早期償還されてしまうと振込回数も増えコストもかかるので投資効率が下がる恐れがあります。

現在Trust Lendingでもう1本のファンドを運用しております。

来月以降の状況も見つつとはなりますが、何となく使い勝手が悪いところもありTrust Lendingからの撤退も考えております。


ちなみに早期償還された20万円については、結局LuckyBankに戻してしまいました(10万円を追加して30万円でリスタート)。

LuckyBankですが、最近の状況を見ると申し込み開始後の秒殺という事も少なくなってきたようですし(とはいえ数分で完売)、投資期間も程よいレベルとなってきたこともありまして。

とはいえ先日久しぶりに申し込みを行ったファンドは募集開始から終了まで3分6秒。

私も1分チョイで無事申込み完了しましたが、ネットが繋がりにくくなりヒヤヒヤしました。

これだけヒヤヒヤしながらも頑張って申し込んだファンドですから、やはり早期償還ではなくキチンと期間満了まで行ってほしいと思いますよね。

~*~

実際に利用して見ないと分からない事もあるので仕方ありませんが、Trust Lendingは私の好みに合っていなかったような感じです。

ソーシャルレンディングの業者は、現在多数存在しております。

投資対象や利回り、期間など業者ごとに個性満載です。

それだけにブログなどネット上の評判だけでは、分からない部分も多いなぁと実感もしております。

口座開設して、まずは少額で試してから本格的に資金を投入する事も大事なのかもしれませんね。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
2017年も半分終わってしまいましたが、確定拠出年金の終わりはまだまだ先のこと。

変わらずコツコツと積み立てて参りましょう。


それにしても確定拠出年金については毎月々の状況をブログに掲載しておりますが、その反面ブログにするネタがありません。

基本的には一度積立ての内容を決めてしまえば、それほどイジル必要はないからです。

たまにリバランスをするぐらいです。


じゃぁ積立て終了の時を迎えるまで、何もしないでよいものでしょうか?

保有資産に余裕があれば、余計な事をしない方が良いと思います!


ここからは、私のように未来が暗黒に包まれているような方が対象です。


iDeCoで毎月20,000円を約20年間積み立てると480万円の原資となります。
(もちろん運用次第で、増えもしますし減りもします)

よくある複利計算のHPで計算してみましたが、仮に3%で運用できたとして480万円は20年で655万円となり、5%で814万円になるそうです。

頑張って5%で運用しても倍にはならないという事なんですよね。


もちろんネット定期預金に入れておくより増える可能性はありますし、非課税という点だけでもお得な訳ですからiDeCoは絶対にやるべきですが。


ただ480万~800万なんて金額は、老後資金と考えれば大したことない金額ですよね。

私はしがない派遣社員なので退職金はありませんので、ドカンとまとまった金額が老後、手に入る事はありません。


そうなると必要なのは、この500万程度の資金をいかにして減らさずに且つ増やしていくことが出来るかがポイントになってくると思いました。

積み立てた資金が手元に戻ってきた時に、その資金にしっかり働いてもらえるよう準備をしておくべきだと思います。


仮に500万円だったとして月5万円取り崩したら、100ヶ月で終了です。9年持ちません。

500万円を12%で運用できると利益は60万円です。元金は減りません。


とまぁ極論を並べてしまいましたが、年金支給はどんどん遅くなる、身体は弱くなるなど考えると、お金に働いてもらうしかないと思う訳です。


10%以上の運用成績なんて結構大変じゃないの、どうすればよいの?となりますが、それを今のうちに調べ、勉強し、練習してその時に備えなければいけない訳です。

もしFXのようなレバレッジ商品で運用できるようになれば、レバレッジ3倍として運用すれば4%の目標で12%運用と同じことになる訳です。

レバレッジ商品はもちろんリスクも高くなり怖い所もありますが、FXでレバレッジ3倍はローリスクなレベルと一般に言われています。

そんな運用が出来るようになっていればiDeCoでコツコツためた資産をより生かすことが出来るかもしれない訳です。


もちろんあくまでもこれは一例。

現在は資産運用の方法が多数揃っていますし、リスクやリターンも様々なものがあります。

自分の性格や生活スタイルにあった資産運用を今のうちから探しつつ、その運用スキルも磨いておく。

いざお金に働いてもらう時にスキルが無いとどうしようもありませんから、今のうちにいろいろな資産運用スキルを身に着けておきたいものですね。


こんなことも今からできる老後準備なのかもしれませんね。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年6月30日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:7,932円

(2) DCニッセイJ-REITインデックスファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:20,933円 損益:△749円 損益率:△3.5%

(3) EXE-i新興国株式ファンド
 積立比率:10%(2,000円)
 資産残高:99,505円 損益:11,505円 損益率:13.1%

(4) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:30%(6,000円)
 資産残高:264,173円 損益:19,622円 損益率:8.0%

(5) 三井住友・DC外国債券インデックスファンド
 積立比率:15%(3,000円)
 資産残高:34,019円 損益:1,496円 損益率:4.6%

(6) ひふみ年金
 積立比率:15%(3,000円)
 資産残高:130,546円 損益:22,251円 損益率:20.5%

≪積立休止ファンド≫

(1) EXE-iグローバルREITファンド
 資産残高:93,845円 損益:5,095円 損益率:5.7%

(2) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:10%
 資産残高:81,285円


総資産残高: 732,238円
損益合計 : 52,238円(7.7%)
拠出額合計: 680,000円(34か月)

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
ソーシャルレンディングについて何度か記事を書いておりますが、私の運用状況も掲載してみましょう。
やはり生々しい話の方が、多少なりとも参考になるかもしれませんからね。

ソーシャルレンディングへの投資は2016年5月から開始しましたので、1年経過したところです。

開始当初はmaneo、ガイアファンディング、クラウドバンク、LuckyBankの4社で運用を開始しました。

クラウドバンクはしばらく利用しましたが、利回りや操作性などで少々不満があったため、高利回りで有名だったみんなのクレジットを開設し資金を移動しました。

しかしご存知の通りみんなのクレジットは私が口座を開設して投資を開始した途端に行政処分を受け業務停止となってしまいます。

みんなのクレジットから投入資金が戻ってくるのは2018年12月!

また元金が無事戻るのかも分からない状態(たぶん戻ってこないような気がします…)。

仮に戻ってきたとしても新たにみんなのクレジットで引き続き新規の投資を行うかと言ったら、今のところは難しいと思います。

そこで新たな投資先として担保有かつ保証案件の多いLCレンディングとクラウドリースを追加しました。

さらにLuckyBankがクリック合戦となりやすい事と、案件の期間が長期化している事(24ヶ月など)もあり、こちらも一時撤退。

その代わりに一旦中止したクラウドバンクを再開し、さらにトラストレンディングの口座を開設しました。


全体の投資総額は約250万円。期待リターンとしては年5~7%程度(10万~14万円)を見込んでおります。

現在6社で運用していますので、1社あたり30~50万円、案件はそれぞれ3~4件といった所です。

原資は、おおよそ証券会社のMRFやネット銀行の定期預金からシフトした資金が多いです。

もちろんしばらく使用予定のない資金です。

いろいろなリスクはありますが、ネット銀行の定期預金金利は現在0.02%あたりですから、ほんの一部でもソーシャルレンディングで運用すればATM手数料代はあっという間に稼げちゃいますので、やはり使わない手は無いかと。

こんな感じでソーシャルレンディングは運用していますが、感覚としては数社の個別株式を購入して配当もらっているような感じですね。

個別株式は値上りというメリットはありますが、悪材料による値下がりや業績悪化による配当中止や倒産というデメリットもあります。

それに対してソーシャルレンディングは、値上り・値下がりはありませんが無事満期を迎えれば元金は戻ってきますし、日々の一喜一憂もありません。

デメリットは返済遅延やデフォルト(貸し倒れ)、SL業者の倒産といった可能性でしょう。

チャートも動かないし、ニュースがある訳でもない。

なので、一度申し込みをして貸付が実行されるとやる事は特にありません。

かなり【ヒマ】です。

分配金のお知らせメールが定期的に着信し、無事元金が返済された時、新たに投資手続きを取るぐらいなので、本当に楽チンです。

それに【金貸し業】のようで何だか格好良いのです。

まさに時代劇の【越後屋】のようで。

「金蔵にただ置いておいても1銭の得にもならん!金には働いてもらわねば!くっくっく!」みたいな。

まぁそれは半分冗談ですが、遊んでいても良い余裕資金は私にはありませんので、どんどん働いて稼いでもらわないとといった感じでソーシャルレンディングを使っています。

FXなどに比べると資産増加のペースはややおとなしいもので爆発的ではありませんが、なにしろ手間がかかりませんので資産ポートフォリオの一部に加えるにはお勧めの金融商品と思っております。

とは書きましたが、いつもの決めゼリフ。

【投資は自己責任ですよ~!】

もし始めるとしても、あくまでポートフォリオの【一部】でやりましょうね~!

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
皆さま、資産運用はコツコツ続けていますか?

【とらぬ狸の皮算用】ということわざもありますが、ある程度は「何年後には○○万円ぐらいの資産にはなりそうだ」というイメージは作っておきましょうね。

というのも元々私はお金を貯めるのが好きな性格という事もあり、これまでいろいろな金融商品に手を出してきました。

というか手を出し過ぎました(T_T)。

もちろん資産を増やせたものもありますが、逆に想定通りには増やせなかったものもありました。

そんな状況だったので、利用している口座も気づいてみれば随分と増えてしまいました。

資金が入っている口座だけでも27口座

とても管理しきれていませんね。

今年に入ってからFXで大きな損切りをしたこともあり、今一度根底から資産運用の見直しを行っております。


特に問題だった点は、運用している金融商品、口座ごとの位置づけや関連付けが出来ていない点にありました。

さまざまな金融商品に手を出すことはリスク分散にはなるのですが、同時に管理も煩雑になり、さらにそれぞれの資金規模も小さくなるので運用効率が悪くなっておりました。

そこで今回の見直しとなった訳です。

見直しは次のような感じで行いました。


①現状の洗い出し

口座に資金はあるが、実際に資産運用へ貢献している口座なのかどうかをチェックしました。

以前何らかの意図で入金したのですが、端数やMRFのような形で放置されている資金が結構存在しました。

また中途半端な口数で放置されている投資信託もいくつか存在していました。

これらの資金を集約し、また口座を休眠させ無意味な残高が発生しないようにしました。


②実稼働中の口座を運用期間別に分ける

運用中の金融商品には様々なタイプのものが存在していますので、これらを運用期間別に分類してみます。

 (1) 長期(資産形成) ⇒ 投信積立て(DC、セゾン投信、WealthNaviなど)

 (2) 中期(元本形成、非常時資金) ⇒ FX(スワップ運用、トラリピ)、ソーシャルレンディング

 (3) 短期(小遣い用) ⇒ FX(裁量)

長期運用の中でセゾン投信については給料収入からとなっているので別ですが、DCとWealthNaviについては資産の運用益から拠出としています。

見直し前はFXの運用益で賄おうとしていましたが、裁量トレードの収支が不安定な事もあるため、より確実に収益となる部分を充てる事にしました。

自分の小遣いとなる短期運用部分をFX(裁量)に限定したことで、裁量トレードの目標も立てやすくなり、無理なトレードも減らすことが出来ました。


③中途半端な状況の部分を再構成する

②の分類に入らなかったものを改めて(1)継続、(2)中断、(3)廃止に分類しました。

現状でしっかり利益を生み出している物はあえて中止する必要はありませんが、あまり利益を生み出していない物については、即中止や解約の時期を待って売却等を実行します。

売却等で生まれた資金は②の何れかに組み込んで集約します。


④個別カテゴリの精査

ここまで行ってやっとスタートラインです。

次に行うのは、それぞれのパーツの効率化を行う必要があります。

例えば裁量トレードの精度アップや、トラリピの設定見直しなどが挙げられます。

すでにパーツごとの目標が決まっているため、そこを目指すための効率化となります。

かなり具体的で達成可能な目標を置くことにしたので、達成が続けばさらに目標を高めますし、達成できなければ目標を下方修正したうえで対策を検討します。

~*~

以上のステップを行うことで、保有資産の把握とコントロールが可能になりました。

口座や金融商品が多すぎてコントロールできていない状態で、長期資産形成や小遣い稼ぎを並行して行うことは、かなり無理があったのかもしれません。

また全体資産は増加しているのに自分の日常生活水準が上がらないのも、資産運用の計画が不完全だったからだと思います。

計画のマイルストーンを最低限クリアしていれば、とりあえず運用に対して合格を出すべきなんです。

その際には、運用者自身(自分ですよね)にご褒美くらい出さないと、モチベーションも上がりません。

今回の見直しではそのあたりもしっかり盛り込みました。

日常頑張るのは小遣い用の裁量FX部分のみ。

長期運用部分はほったらかし運用部分なので、日常そちらを気にしないで済むようになった事で、とても気が楽になりました。

もちろんこれがゴールではありませんので、随時バージョンアップを行うつもりですが、これまでいろいろ手を出してきたパーツが、それぞれ上手く助け合えるような状況に構築できたのも嬉しい事だと思いました。

~*~

≪積立中ファンド≫2017年6月01日現在

(1) あおぞらDC定期(1年)/積立比率:10%
資産残高:3,966円

(2) DCニッセイJ-REITインデックスファンド/積立比率:10%
資産残高:19,528円 損益:△171円 損益率:△0.9%

(3) EXE-i新興国株式ファンド /積立比率:10%
資産残高:97,529円 損益:11,512円 損益率:13.4%

(4) DCニッセイ外国株式インデックス/積立比率:30%
資産残高:254,217円 損益:15,615円 損益率:6.5%

(5) 三井住友・DC外国債券インデックスファンド/積立比率:15%
資産残高:30,432円 損益:883円 損益率:3.0%

(6) ひふみ年金 /積立比率:15%
資産残高:125,674円 損益:20,357円 損益率:19.3%

≪積立休止ファンド≫

(1) EXE-iグローバルREITファンド
資産残高:91,484円 損益:2,734円 損益率:3.1%

(2) スルガ確定拠出年金スーパー定期1年/積立比率:10%
資産残高:81,285円


総資産残高: 704,115円
損益合計 : 44,115円(6.7%)
拠出額合計: 660,000円(33か月)


細かい変更ですが、待機資金枠の商品を変更しました。
スルガスーパー定期からあおぞらDC定期です。
若干利率が良かったという理由です。

積立中止しているグローバルREITも微益となってきたので、売却して待機資金にしようと考えております。

暴落状態で相場参加者総悲観状態になった時に、えいや~!と購入できる資金をとにかく準備しておきたいと考えています。

絶対とは言えませんが、高い確率でそういう状況は発生しますからね。
がっつりと取得単価を下げるチャンスは活かさないと。

またひふみ年金も利益20%に近づいてきましたので、一部利益確定を検討しないといけませんが、さてどうしよう。

まだ積立額自体が10万円程度なので、含み益は2万円程度なんですよね。
2万円だと積立て1カ月分。

例えば積立額が20万円を突破しての20%みたいにしたほうが、積立てメリットも大きくなりそうだし管理も楽。

それとも全資産残高に対する利益が10%を超えたら「全決済」とか。

Wealthnaviのようにリバランスを行うとか。


う~ん、どうしよう。

難しい所ですが、まだしばらくは様子見かな…。

一つ言えるのは、暴落をチャンスに変える【とっておき資金】をうまく増やす事。

とにかく長期運用ではこれに尽きるので、利益確定のルーチンは固めておこうと思います。

~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
WealthNaviを開始して約2ヶ月半ほど経ちましたが…

今年の2月から運用を開始しましたロボアドバイザー[WealthNavi]ですが、なかなか興味深い(というか面白い)商品のようです。

まず自分が決められるのは、いくつかの質問に答えて弾き出されるリスク許容度と投入資金額だけ。
あとはロボがガッツンガッツン運用してくれるサービスなんですが、本当に躊躇なく運用してくれます。

口座開設が完了し、2月16日に最低申込み資金額の30万円を入金しました所、同日に【ロボ】は迷いなく290,900円をズドンと買い付けやがりました。

2017-02-16_WelthNavi.png


私なんかだと予算の半分は取っておいて価格が下がったところで買い増してやろう、などと肝っ玉の小さい戦略を取る訳ですが、【ロボ】は違います。

自分がもらうお給金である【手数料】分はしっかりキープしつつ、残りのお金はズドンと買い付けちゃいました。

買付たETFは6種類。

①米国株式ETF(VTI)
②日欧株式(VEA)
③新興国株式(VWO)
④米国債券(AGG)
⑤金(GLD)
⑥不動産(IYR)


先進国株式のETFなどは私も単発で保有していますが、[ゴールド]は今まで手を出したことがありませんでした。
しかし【ロボ】はそんな事は一切気にせず、ガシッ!と買い付けてくれちゃいました。

また嬉しいのはこれだけ細かい口数でETFを購入しているのに、購入手数料が取られない事はすごいなぁと思いました。

購入手数料で有利と言われるマネックス証券でも最低5ドルかかってしまう所が無料ですから。


今回、口座開設と同時に自動積立ても申し込んでみました。
金額は1万円/月です。

初回の口座引落しは4月だったので、ちょっと先のような感じがしましたね。


初回の買付後、さっそく手数料を分捕られました。

といっても44円。
たぶん日割りとなっているから安いのでしょう。

2017-03-02_WelthNavi.png


そうこうしている内にメールで「分配金のお知らせ」が通知されました。

運用している米国ETFには分配金を出すものが多くあります。

WaelthNaviで採用しているETFでも分配金が出るものがあります。


3月8日に分配されたのは米国債券(AGG)からでした。

分配金は70円(税引き後)、現金枠に入金されました。

さらに3月29日に新興国株式(VWO)から28円。

2017-03-29_WelthNavi.png


3月31日には米国株式(VTI)から344円、日欧株式(VEA)から202円、不動産(IYR)から60円、分配がありました。


そして4月3日には手数料の徴収。

4月徴収分は275円。
これが正式な1カ月分なんでしょう。


そんな中、4月6日に最初の自動積立が行われました。

ところが積立はされましたが、特に買付は行われず。

「どうした、ロボ?」となりましたが、良くある質問を見たところ現金残高が約2万円にならないと買付は行われないそうです。

そうなると月1万円の積立てだとおおよそ2か月おきの積立てになってしまうのですねぇ。

まぁ長い目で見れば、1カ月も2ヶ月もドルコスト的には変わらないと思うので気にしないこととしました。


その後もちらほらと分配があり(米国債券(AGG)70円)、手数料も引かれましたが(269円)、特段やる事もなく、淡々と運用され続けております。

2017-04-10_WelthNavi.png


そして5月11日に2回目の自動積立が実行。

現金残高も2万円を越えたことにより、またまた躊躇なく買い増しを実行。
もちろん手数料分はしっかり除いた額での買付です。

今回は保有する6種類すべてではなく3種類のETFを買い付けてくれました。

2017-05-13_WelthNavi.png


①日欧株式(VEA)
②金(GLD)
③不動産(IYR)

またまた[ゴールド]が入っています。

自分だったらを考えるととてもそんな選択肢は入らないのですが、さすが何を考えているかよく分からない【ロボ】です。

彼が「よし!ゴールドだ!」と決めたからにはゴールドなんです。
文句は言えません。

こんな感じで、一旦申し込むと本当にやる事がほとんどない【お任せ運用】ですが、何となく【ロボ】を応援、叱咤激励したくなる不思議な金融商品です。

そうそう、確定拠出型年金と違って現金化も簡単なようです。

運用中止する場合は、全額売却すれば良いとの事。

また再運用も問題ないようなので、海外ETFを手軽に運用するにはとても良い商品なんじゃないかと感じております。

特にすごいなぁと感じたのは、保有するETFのリバランスについてです。

長期投資を行うとそれぞれ個々のバランスが変わってきます。
「株式は上昇したが債券は含み損だ」みたいな感じでしょうか。

その状態を決めた比率に調整してやる作業がリバランス。
「利益を出している株式を売却して、安い債券を買い増しする」みたいな感じ。

これは結構面等な作業なんですよね。

それが「WealthNavi」なら自動で作業してくれるわけです。
以下の記載は「WealthNavi」HPからの抜粋です。

『WealthNaviはお客様のポートフォリオを個別に、かつ継続的にモニタリングし、バランスが一定以上崩れた場合、また前回のリバランスから半年経過した場合にリバランスを行います。追加投資や一部出金を行った際には、取引後のポートフォリオが最適な配分に近づくように売買する銘柄や口数を選定し、リバランスの効果を実現します。』

ここまでやってくれるとなると、本当に【任せっきり】にしちゃいそうですよね。
だって【顧客毎】ですからね。
利用しているETFが同じでも、投資を開始した時期などでそれぞれ状況は変わりますから当然なんですが、一人や二人じゃないですからね、顧客全員の分まで人力ではとてもできませんよ。

それにリバランスだけでなく節税対策(自動税金最適化)までやってくれるそうなので、あまり手出しせず【ロボ】に任せておく方が、良いかもしれませんね。


これからも【ロボ】が、どうのように活躍するのか楽しみです。

ちなみにETFの積立投資ですから、相場状況によっては含み損など出るはずです。
こればかりは【ロボ】でもどうしようもありませんから仕方ありませんが、その時【ロボ】がどんな感じで買い増しなどのリバランスをするのかが楽しみです。

いい勝負となりそうなのが、同じく月1万円を積み立てているセゾン投信。

こちらは投資信託ですが投資先は米国ETFとなりますから、土俵は同じ。

運用報酬は【WealthNavi】の方が高いですから、単純に考えてもセゾン投信に負けちゃいかん訳です。

まぁどちらも私の【大切なお金】なので頑張ってもらいましょう。

時間がたってしまいましたが、5月13日現在の口座状況です。
円建てとドル建てですね。

2017-05-13_WelthNavi02.png


2017-05-13_WelthNavi03.png


~~★★~~★★~~★★~~
ゆる~いFXブログもやってます!
焦りは禁物FX!Toppiy38がのんびり目指すプチお金持ちへの道

ブロ友さん作りのために、ランキングにも参加してます。
お気軽にコメントなどくださいね!


投資信託 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村