fc2ブログ
Toppiy38です。

ブログ更新が遅れに遅れてしまいもう8月も終わっちゃいますね。

おさぼりがおさぼりを呼び、最後は自然消滅とならないよう細々頑張ります。

~*~

しかしさすがに今年の猛暑には身体も参りました…。

はやく秋、冬が来てくれるとスキーも行けるので元気になるのですが…。


そこまで待てないので、今年の夏は春先に思いついたソロキャンプデビューに向けコツコツ準備しておりました。

まだ足腰も問題ないので今のうちに四季の自然を楽しんでこようかなと思い立ち、テントやらコンロ、ナベなど買い込んで。

奥さんはスキーと違ってキャンプは今のところノーサンキューなので、とりあえず一人でのんびり楽しむことに。


そしてついに富士五湖のキャンプ場にソロキャンデビューしました。

ちなみにこのキャンプ関係の経費は家計からではなく資産運用などから発生した利益で行っています。

貯めることも大切ですが、やはり何のために資産を増やしているのか改めて考えたのですが、やはり一部は今の自分が豊かになるために使うのもアリなのでは? という結論です。

もっと勉強して利益を伸ばしたい!ともより思うようになりました。

生活に支障が出ない無理のないレベルで、もっと頑張ろうと思います。


それにしてもソロキャンプ。

とにかく自分の段取りが悪いせいもあって、ゆったりのんびり過ごすどころか大汗かきまくりのドタバタキャンプになりました。

それでもお湯を沸かしてコーヒーやカップ麺を戴いたり、小型の焚火台で焼き肉したり焚火自体楽しんだり、静かな星空も楽しむことが出来ました。

まだまだ改善するべきところはたくさんありますが、自分のキャンプスタイルを作ってもっともっと日本の自然を楽しみたいと思いました。

さらにキャンプだけでなく、昔熱中した登山も再開したいという気持ちが高まっています。

こちらはキャンプと違って体力などしっかり準備しないと事故につながるので、慌てずじっくり準備しないといけませんね。

~*~

さて投資の状況ですが、下落一辺倒だった米国株式市場もコツンと軽く底を打ちじわじわ反転して来ております。

このまま再度上昇トレンドに戻ってくれるとそれはそれで嬉しいのですが、まだもう一波乱の下落が待っていそうな感じです。

先日のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の発言から米国株式市場も大きく下落しましたし。


まだ手放しで喜ぶような材料も出ていませんし、ナスダックについては半導体関係が世界的な不況を織り込むのはこれからのような気がするからです。

もちろんこのまま上昇トレンド復帰の方が素直に嬉しいですが、そんな気分なので、まだまとまった追加資金の投入はしていません。

追加資金投入が出来ずともそれならそれで良いと思います。

粛々と上昇してくれれば、またコツコツと積み立てを行うだけですから。

iDeCoも含め各積立て商品の設定は減らしもせず増やしもせず。

淡々と淡々と積み立てるだけ。


一喜一憂しなくて良いのが積立て投資のメリットですね。

大底で買ってやろうなんて、あまり考えない方が良いですよ。

積立てしていれば、少なくとも少しは大底で買えるもしれませんし。

5年10年20年と続く投資ですから、のんびりかつアンテナはしっかり立てて行きたいものですね。

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2022年8月27日現在【8月分】


(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:992,636円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,233,999円 損益:323,465円 損益率:35.5%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:411,653円 損益:53,696円 損益率:15.0% 

総資産残高:2,638,288円
損益合計 :718,288円(37.4%)
拠出額合計:1,920,000円(7年10カ月/96か月)

Toppiy38です。

6月も終わってしまい7月も早くも中旬。

この分だと今年も油断するとあっという間に終わってしまいそうです。

さて6月はコロナ禍となって会えなかった大学の友人と数年ぶりに飲んできました。

LINEではやり取りがありましたが、実際に会うのは数年ぶり。

会うまで何だかドキドキしちゃいました。

ただ集合して飲み始めちゃうともうそんなドキドキは無くなりゲラゲラ爆笑に変わるのが本当に心地良かったです。

時には面倒になる人間関係ですが、短気を起こさず大事にしないといけない場合もあるようです。

~*~

さて投資の状況ですが、6月も米国ナスダックを先頭に下落はしましたが、これまでのような暴落ではなくなってきたようです。

再び来る嵐の前の静けさなのか、それとも底を打つのか…。

こればかりは予想しても仕方ないので、誰が見ても底だと思えるサインが出るまでじっくり待とうと思います。

大底を取らなくても十分間に合いますから。

とはいっても完全待機でなくとも良いですね。

少しずつ高配当ETFなど買付けしてみるのも良いですし。

とにかく焦って身動きが出来なくならないようにする。それが大事。

計画をしっかり立てて対応しましょう。


あと為替の方で行っているリピート注文(めがねこFR)は徐々にですが、運用を中止する事にしました。

中止する事で生まれる証拠金を新たに別の商品で運用したいと考えております。

とにかく為替の比率を下げたいので、株式、商品(ゴールドなど)などへ移行させる予定です。


意識しているのはやはり年齢のこと。

もう数年で50歳になることを考えると、もうあまりリスクは取らずに無難に配当狙いなどへシフトするのもアリなのかなと。

やはり20代、30代の投資スタイルとは違いますよね。50代は。


私がぽっくり死んでしまった時に、FXで大きな含み損を抱えていたら仏壇に手を合わせてもらえないのでは。なんて本気で考える今日この頃。

自分に何かあった時に、残された家族が「ありがとう!」と思ってもらえる投資をしたいなぁと思い、それをどうすれば実現できるか。

最近はそんな事を良く考えるようになりました。


毎日の損益に振り回されない資産づくり。

これまた難しいモノであります。

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2022年7月15日現在【6月分】
 ※7月分も拠出されておりました…。 

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:984,696円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,115,783円 損益:229,045円 損益率:25.8%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:390,703円 損益:32,746円 損益率:9.1% 

総資産残高:2,503,080円
損益合計 :603,080円(39.4%)
拠出額合計:1,900,000円(7年9カ月/95か月)

Toppiy38です。

5月も終わってすでに6月も中盤になってしまいましたね。

ゴールデンウィークは出かけませんでしたが、空いている時期を狙って温泉旅行に行ってきました。

資産運用も大切ですが、しっかりその果実を使ってリフレッシュすることも大切にしないといけません。

お金に余裕がなければ旅行も行けませんし、お金に余裕があっても健康でなければ旅も楽しめない。

だからいろいろなバランスを意識して、健全な心身を保ちたいものです。

~*~

さて投資の状況ですが、5月も米国ナスダックを先頭に随分と下落しました。

でも長期のチャートを見てもらえば分かるように大暴落というレベルではありません。

これまでの暴走ともいえる上昇相場に対する調整といった下落と言えます。

暴落って、今回のような毎日淡々と下落するのではなく、ズド~ンズド~ンと荒々しく下がるものです。

全然パニック感がチャートにはなく、まだまだこれまでの利益を確定しているレベルなのかもしれません。

なのでまだまだ下値を模索してくる可能性は高いですから、シートベルトをしっかり装着して備える事が大切かと思います。

買い増しなどはしっかり底を確認してからでも間に合います。

買い増しのタイミングが適切かどうかなんて誰も分かりませんから、4月末より安く買えるかもしれないけど、まだ6月末の方が安いかもしれない。

グダグダ悩んでも答えなんてありませんから、一つ基準を作ってそこまで待つ。

それでできた時間はまた別の有意義なものに使う。

そんな感じで頑張って参りましょう。

*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2022年6月6日現在【5月分】

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:968,820円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(12,000円)
 資産残高:1,143,597円 損益:268,757円 損益率:30.7%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:412,977円 損益:55,020円 損益率:15.4% 

総資産残高:2,525,394円
損益合計 :665,394円(35.8%)
拠出額合計:1,860,000円(7年8カ月/93か月)
Toppiy38です。

ゴールデンウィークは結局近所の実家と近所の散歩、買い物で終わりました。

でも前回ブログでも書きましたが、自宅の洗面台や台所の水栓修理に手を付けることが出来ました。

洗面台はスピンドルと節水コマの交換で無事完了。快適になりました。

台所のシングルレバー混合栓は部材の固着がひどく、一旦作業は中断となりました。

無理に作業して壊してしまうとマズいですからね。

本当にYouTubeは便利ですね。

知らない知識や情報を提供してくれる訳ですから。

ただすべて作業は自己責任となりますから、無理せず安全に作業をする必要がありますね。

~*~

さて資産運用ですが、アメリカをはじめとする株式がどんどん下落していますね。

中でもハイテク銘柄が多いナスダックは中々の下落っぷり。

おかげで保有資産の評価益はグングン減ってしまっております。

評価益が残っているうちに売却しちゃいますか?


私は今回の下落では売却はしません。

設定している各積立て投資を淡々と続けたいと思っております。

下落をチャンスとして買い増ししますか?

それも今のところは考えておりません。


Twitterでたまたま見かけたのですが、200日移動平均線をしっかり上抜けするまではスタンスを強気にする必要はないという一つの道理を基準にしようかと考えたからです。

なんで?と思われるかもしれませんが、そんなものは200日移動平均線でも何でも良いのです。

とにかく自分の行動する指針を一つ作っておけば一喜一憂しないで済むという事だと思っています。

だから私は200日移動平均線の上抜けなんです。

それまではブースト用の小銭を粛々と準備しようかと思います。

*─────────────────────────────*

iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2022年5月15日現在【4月分】

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:960,884円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,055,530円 損益:192,588円 損益率:22.3%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:394,530円 損益:36,573円 損益率:10.2% 

総資産残高:2,410,944円
損益合計 :570,944円(39.4%)
拠出額合計:1,840,000円(7年7カ月/92か月)

Toppiy38です。

やっとこさ年度末のドタバタも落ち着き、後回しにしていた業務などもこなすことが出来るようになりました。

こうなるとブログも更新する気持ちになりますね。

住んでいるマンションの洗面台や台所シンクの水栓が寿命じゃない?問題なども、やっとこさ対策を考える気持ちになります。

今はなんでもYouTubeで調べるとDIYのやり方が出ているので、業者に頼むかDIYかそこから迷う事になります。

電気関係は人命に関わるので業者に任せた方が良いですが、水道は元栓さえしっかり閉めておけば、とりあえず何とかなると思います。

なのでまずはDIYチャレンジなのかなぁ。

~*~

さて資産運用ですが、ウクライナ問題が泥沼化しておりまだしばらくは緊張が続きそうです。

これ以外にも強烈な円安も色々な影響を与えそうです。

実際に電気料金やらパン、ガソリンなどはもちろん、気付きづらいモノの値上げなど私たちの生活にも影響が出ています。

不安定な状況により株式相場も乱高下、ナスダックに至ってはアメリカの金融引き締めによりどんどん下落しております。


何が言いたいのかというと、昨年のようなお気楽な相場状況ではないという事なんです。

それでもこれまで何度も痛い目に遭っている私はそれなりにチマチマとではありますが、利益の積み上げは出来ております。


どうしてか?


それは「アゲアゲでウハウハな状態はいつか終わりが来る。だからその時のために少しは準備しておく」という事なんです。

昨年の米国ナスダックアゲアゲ相場でトライオートETFを高値ゾーンで集中してしまった方は、今何もできず金利だけ支払い続ける状態だと思います。

ドル円で110円以上は行かないでしょう!と思い込んでいたトレーダーはドル円の売りポジションで悲鳴を上げていると思います。

相場に絶対はない、これはいざそんな状況に陥った時初めて痛感します。


私もそうだった。

だからTwitterでも耳の痛いことをつぶやき続けましたが、そんなの簡単に儲かり続けるトレーダーにとっては聞く耳持たない訳です。

だから自分のいう事を信じろ、とかいう訳ではないのですよ。

トレーダーは自分で経験した事が武器になると思います。

だから痛い目に遭っても、何とか踏ん張って復活して欲しいものです。


*─────────────────────────────*
iDeCoの積立て状況です。

≪積立中ファンド≫2022年3月31日現在【3月分】

(1) あおぞらDC定期(1年)
 積立比率:40%(8,000円)
 資産残高:952,949円

(2) DCニッセイ外国株式インデックス
 積立比率:60%(6,000円)
 資産残高:1,162,979円 損益:311,935円 損益率:36.7%

(3) ひふみ年金
 積立比率:0%(積立て中止/保有のみ)
 資産残高:421,637円 損益:63,680円 損益率:17.8% 

総資産残高:2,537,565円
損益合計 :717,565円(39.4%)
拠出額合計:1,820,000円(7年6カ月/91か月)